1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. コードタクト、「Zoom×schoolTakt」遠隔授業マニュアルを公開

2020年4月6日

コードタクト、「Zoom×schoolTakt」遠隔授業マニュアルを公開

コードタクトは、Webミーティングサービス「Zoom」と同社のプロダクト「schoolTakt」を併用した、双方向の遠隔授業マニュアルを、2日から公開した。

「Zoom」は、アメリカのZoom Video Communications社のWebミーティングサービス。

一方、「schoolTakt」はタブレット端末、スマホ、パソコンなどデバイスフリーで利用できる授業支援システム。

「schoolTakt」にプリセットされているさまざまな教材や、手持ちのPDF教材・写真をアップロードし、授業で活用することができる。

これにより、児童生徒の学習状況をリアルタイムに把握できたり、児童生徒同士の解答を共有したりすることで「みんなで学び合う」学習環境を容易に構築できる。

この2つを併用することで、学校や会社で、複数の校舎や部署があり、1カ所に集まることが難しい場合や、物理的に距離があり直接会って実施できない場合に活用できる。

今回、同社が公開した双方向の遠隔授業マニュアルは、座学、グループワーク、発表などワークごとの操作方法や便利な機能を紹介している。

また、同社は、遠隔授業マニュアルの公開と同時に、新型コロナウイルスの影響で休校となった学校の「休校対策事例集」を、2日から公開した。

この事例集は、「schoolTakt」を使用して遠隔でのホームルームや授業の開催、自主学習のサポート、オンライン離任式での記念品贈呈(寄せ書き機能)に活用した事例を、学校現場の教師から集めたもの。

また、遠隔授業はZoomと組み合わせることで、通常の授業と遜色ない環境を提供することができ、国語・英語・社会など科目を問わず実践することもできている。

関連URL

「Zoom×schoolTakt」遠隔双方向授業マニュアル

「休校対策」事例

schoolTakt

Zoom

コードタクト

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス