1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 脳科学テクノロジーの最先端が分かる「BrainTech Letter」第1月号を無料発行

2020年4月21日

脳科学テクノロジーの最先端が分かる「BrainTech Letter」第1月号を無料発行

neumoは20日、脳科学ビジネス・脳神経科学の最先端が分かるミニレター「BrainTech Letter」の第1号(2020年4月号)を無料発行したと発表した。

第1号の主な内容は、「イーロン・マスクのBMI企業と比肩する企業の技術の進捗が発表」、「脳腸軸を利用するバイオテクノロジー企業が$112M(120億円)を調達」、「ヒトの神経細胞を使って人工知能を作る企業」、「ホワイトノイズを同時に聞くことで音の識別精度が向上する。よりよい蝸牛インプラントの開発につながる可能性」というもの。

近年、ブレインテックが世界中で盛り上がってきており、日本国内でも多くの先進企業が脳科学技術の事業化に取り組んでいる。

ブレインテックビジネスは、金融機関からも注目を集めており、年々投資額が増加。ユニコーン企業(未上場で評価額が10億ドル以上のスタートアップ企業)も複数出現している。

人に対するあらゆるサービスは、最終的には人の脳に働きかけるもの。ブレインテックは脳を対象にした技術で、多くの可能性がある。

具体的には、脳に働きかけることによる働き方改革(生産性向上・ストレス低減・メンタルヘルスの向上・健康経営)、睡眠の質の向上、脳から好みを引き出す(ニューロマーケティングなど)、高齢化社会に向けた認知機能の維持・改善、など。

関連URL

「BrainTech Letter」

neumo

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス