1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. タイガーモブ、バーチャル技術でSDGsに取り組む「Online ACT」を開催

2020年4月23日

タイガーモブ、バーチャル技術でSDGsに取り組む「Online ACT」を開催

タイガーモブは22日、バーチャル技術を使ってインドネシア・バリの現状を把握し、SDGsに関する課題の解決に取り組むオンラインSDGsキャンプ「Online ACT」を、5月4日〜9日に開催すると発表した。

同社はこれまで、インドや中国などのアジア諸国をはじめ、ルワンダ、南アフリカ、イスラエル、フィンランドなど世界各地で実践型のプログラムを開催してきた。

初の完全オンライン開催となる今回のプログラムでは、バリに拠点を置く環境社会的企業Su-re.co(Sustainability and Resilience.Co)の協力の下、オンラインを駆使して、バリの現状を見て、バーチャルインタビューを実施。

現地のゴミ廃棄の問題を解決するためのアイデアを立案するが、募集した優秀なアイデアは、実際に現地のNGOや学校の環境プログラムに採用される。

バリには、未だに開発途上国に存在をするような海洋やビーチ沿いのゴミの課題や、車・バイクからの排気ガスなどの社会課題が存在している。

だが一方で、バリ島にはグリーンスクールという環境に配慮をした学校が存在したり、環境に優しいバイオガスの開発が進んでいる。

観光地のレストランや店では、使い捨てプラスチック袋やストローを廃止。バナナの皮でできた皿があるなどSDGsに貢献し、環境に優しい社会の実現を目指している点も見られ、今後日本が目指すべき形を肌身で感じる事ができる。

タイガーモブには、急成⻑する南米やアフリカなど、約300件のインターンシップ受け入れ先があり、2000人以上の学生・社会人を海外に送り出している。

関連URL

「Online ACT」詳細・申込み

タイガーモブ

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス