1. トップ
  2. 学校・団体
  3. MUGENUP、TCAがクラウド型プロジェクト管理ツール「Save Point」を導入

2020年5月5日

MUGENUP、TCAがクラウド型プロジェクト管理ツール「Save Point」を導入

MUGENUPは1日、産学連携教育に基づきアニメやゲーム、デザインなど、多彩な業界で即戦力として活躍できるクリエイターの養成を目指す東京コミュニケーションアート専門学校(TCA)において、クリエイティブ制作のテレワークと効率化を支援するクラウド型プロジェクト管理ツール「Save Point」の導入が決定したと発表した。

東京コミュニケーションアート専門学校 内観

同校は「Save Point」の導入によって、作品のやり取りや、監修、指導など、クリエイティブ教育のリモート学習による働き方改革を目指す。

学生の増加にともない円滑な授業の運営に必要な管理コストも上昇。特にマンガなどのクリエイティブ作品の提出やチェックは、学内のサーバーを経由する必要があり、学生・講師・学校担当者共にかなりの負担がかかっていた。

同校では、クリエーティブデザイン科マンガ専攻でクラウド型プロジェクト管理ツール「Save Point」の先行導入を決定。「Save Point」によって学生は自宅からのマンガ作品の提出が可能となる他、各界のプロとして活躍する講師も効率的に作品をチェックしアドバイスが可能になる。また学校側もデータ受け渡しなどの管理コストを削減でき、より円滑できめ細やかな教育が可能となる。また「Save Point」によるリモート学習の実現によって、近年取り組まれているオンライン授業への効果も期待できる。

今後は、インターネットを経由して「Save Point」上で作品データをやり取りするため、そのためだけに学校に足を運ぶ必要がなくなる。さらに「Save Point」上でデータの受け渡しも保存も管理されるため、学校担当者における業務コストが大幅に削減される。

「Save Point」はMUGENUPがサービスを開発・展開するクラウド型プロジェクト管理ツール。イラストや3DCGなど様々なクリエイティブの納品や監修、コミュニケーション、スケジュールやタスクの管理など、アートディレクションにまつわる様々な業務をブラウザ上で一元管理し、効率的な制作環境を実現する。2019年にはアニメ作品の制作効率化にフォーカスした「Save Point for アニメ」の機能検証を開始した。

関連URL

東京コミュニケーションアート専門学校

MUGENUP

Save Point

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス