1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. キャスタリア×米Mattermost社、教育利用のオンラインチャットサービス開始

2020年5月11日

キャスタリア×米Mattermost社、教育利用のオンラインチャットサービス開始

キャスタリアは、米国Mattermost社と代理店契約を結び、同社の法人向けオンラインチャットソフトウェア「Mattermost(マターモスト)」を教育利用に特化させ、国内の教育機関や各種学習用途に向けたライセンス販売を、6月を目途に本格開始する。

Mattermostは、エンタープライズ向けチャットおよびメッセージングソフトウェアで、米国に本社があるMattermost社が開発・販売している。

組織内のコミュニケーションを活性化させ、同時に遠隔での業務遂行にも役立つ。オープンソースプロジェクトも同時に進められており、無料のサーバ用ソフトウェアとしても世界中で利用されている。

米国政府の社会保障庁などの公的機関、サムスン、ブリストル・マイヤーズなどの世界の大企業、またシンガポール国立大学やカナダ・ブリティッシュコロンビア大学でも教育利用を目的に導入。

国内教育市場に合わせた機能や特徴を持っており、「チャンネル」と呼ばれるグループを生徒が勝手に作成できないように、作成権限を制限することができる。この機能は、無料のオープンソース版では利用できない。

オンライン講義システムであるオープンソースのBigBlueButton(ビッグ・ブルー・バトン)を、Mattermostから簡単に使えるように接続する。講師による動画/音声配信をベースに、受講者とのチャットでの質疑応答や、ハンドライティングができるホワイトボード機能、そして自動録画/録音機能などが利用できる。

文部科学省に認定された教育機関であれば、「教育特別割引」が利用でき、ライセンス購入は教員およびスタッフだけで、生徒は無料になり、かなり安価にチャットとメッセージが導入できるという。

また、キャスタリアでは、上越教育大学の大森康正教授と共同で、大学の遠隔授業利用を想定した実証研究も開始する。リアルタイムでの教育で、Mattermostがどのように利用できるかを、サーバの負荷やネットワークの状況などを実証していく予定。

関連URL

オンラインチャットサービス「educhat(エデュチャット)」

キャスタリア

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
GIGAスクール構想 標準仕様書スペックに対応したタブレット端末が登場 Sky安心GIGAタブレット Windows10 Office 365搭載 Sky
NICA 全国ICTクラブ協会 《オンライン開催》 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス