1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 千葉大、新型コロナの影響で経済的困窮の学生に3億円規模の支援事業を実施

2020年5月11日

千葉大、新型コロナの影響で経済的困窮の学生に3億円規模の支援事業を実施

千葉⼤学は8日、新型コロナウイルスの影響に伴う収⼊減少などで⽣活に⽀障を来している学⽣に、「千葉⼤学SEEDS基⾦」を主な財源とした、総額3億円規模の緊急学⽣⽀援事業を実施すると発表した。

「支援事業」の概要

■学⽣⽣活に⽀障を来している学生への⽀援(5⽉下旬から実施)
内容:アルバイト収⼊の減少などで、⽣活に⽀障を来している学⽣に10万円を⽀援。状況次第では、6⽉以降も⽉額5万円の継続⽀援を予定。無利⼦貸与(返還免除型併⽤)。
対象:
・⽇本学⽣⽀援機構給付型奨学⾦受給決定(第1〜3区分)の学⽣
・アルバイトがなくなった、あるいは⼤幅に減収し、経済的な困窮状態にある学⽣
・仕送りなど、親(援助者)からの経済的援助が減少し、困窮状態にある学⽣
■家計急変者への奨学⾦給付
内容:家計急変のため収⼊が⼤きく減少し、修学継続が困難となった学⽣に10万円を給付
■授業料免除の実施
内容:家計急変のため授業料の⽀払いが困難となった学⽣が継続して修学できるように、授業料を免除
■メディア授業対応環境の整備⽀援
内容:⽇本学⽣⽀援機構給付型奨学⾦受給決定(第1〜3区分)の学⽣などに、メディア授業(オンライン授業)に対応可能な通信環境を整備できるように、モバイル型Wi-Fiルーターを無償貸与し、その通信費を⼤学側が負担
■メディア授業実施⽀援に係る学⽣アルバイトの雇⽤
内容:アルバイト収⼊が減少した学⽣への⽀援として、当該学⽣を⼤学側が雇⽤

関連URL

千葉大学

「千葉⼤学SEEDS基⾦」

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス