1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 千葉大、新型コロナの影響で経済的困窮の学生に3億円規模の支援事業を実施

2020年5月11日

千葉大、新型コロナの影響で経済的困窮の学生に3億円規模の支援事業を実施

千葉⼤学は8日、新型コロナウイルスの影響に伴う収⼊減少などで⽣活に⽀障を来している学⽣に、「千葉⼤学SEEDS基⾦」を主な財源とした、総額3億円規模の緊急学⽣⽀援事業を実施すると発表した。

「支援事業」の概要

■学⽣⽣活に⽀障を来している学生への⽀援(5⽉下旬から実施)
内容:アルバイト収⼊の減少などで、⽣活に⽀障を来している学⽣に10万円を⽀援。状況次第では、6⽉以降も⽉額5万円の継続⽀援を予定。無利⼦貸与(返還免除型併⽤)。
対象:
・⽇本学⽣⽀援機構給付型奨学⾦受給決定(第1〜3区分)の学⽣
・アルバイトがなくなった、あるいは⼤幅に減収し、経済的な困窮状態にある学⽣
・仕送りなど、親(援助者)からの経済的援助が減少し、困窮状態にある学⽣
■家計急変者への奨学⾦給付
内容:家計急変のため収⼊が⼤きく減少し、修学継続が困難となった学⽣に10万円を給付
■授業料免除の実施
内容:家計急変のため授業料の⽀払いが困難となった学⽣が継続して修学できるように、授業料を免除
■メディア授業対応環境の整備⽀援
内容:⽇本学⽣⽀援機構給付型奨学⾦受給決定(第1〜3区分)の学⽣などに、メディア授業(オンライン授業)に対応可能な通信環境を整備できるように、モバイル型Wi-Fiルーターを無償貸与し、その通信費を⼤学側が負担
■メディア授業実施⽀援に係る学⽣アルバイトの雇⽤
内容:アルバイト収⼊が減少した学⽣への⽀援として、当該学⽣を⼤学側が雇⽤

関連URL

千葉大学

「千葉⼤学SEEDS基⾦」

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ITパスポート WEB通信講座 受講料11,000円 資格★合格クレアール
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス