1. トップ
  2. データ・資料
  3. IBS、米国と日本における遠隔教育の実態調査結果

2020年5月11日

IBS、米国と日本における遠隔教育の実態調査結果

ワールド・ファミリー バイリンガル サイエンス研究所(IBS)は、米国での遠隔教育の実態とともに、日本の英語教育における有用性について調査し、8日その結果を発表した。

調査の結果、1990年代から遠隔教育専門の「バーチャル・スクール」や「オンライン・スクール」と呼ばれる形態の学校が登場しているアメリカでは、すでに州の行政機関が州内の学校や児童生徒に対する公的サービスとして遠隔授業を提供していることが明らかとなった。

さらに、バーチャル・スクールで受講している児童生徒の学力が州の平均を上回るなど、アメリカではすでに遠隔教育でも効果的に学習できることを示す調査結果も発表されており、遠隔教育が日本より普及していることが分かった。

日本では遠隔授業の内容・効果についてまだ十分に研究されていないが、ALT(外国語指導助手)不足が問題となっている英語教育において、遠隔授業の活用が期待されるという。

関連URL

小学校英語教育は「場所」の壁を越えられるか? 〜遠隔授業の可能性〜

ワールド・ファミリー バイリンガル サイエンス研究所

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス