1. トップ
  2. データ・資料
  3. IBS、日本でYouTubeが英語学習の場になる可能性

2020年5月15日

IBS、日本でYouTubeが英語学習の場になる可能性

ワールド・ファミリーバイリンガル サイエンス研究所(IBS)は14日、日本でYouTubeが英語学習の場になる可能性について調査した結果を発表した。

SNS上のコミュニケーションは外国語学習の分野でも注目されており、特に、世界で利用者が増加しているYouTubeは、異なる言語や文化を学べる場として活用できる可能性があることが分かったとしている。

注目は動画に対するコメント機能で、自動で他の言語に翻訳した字幕を動画につける機能があることによって、投稿や視聴、コメント欄での交流を言語の壁を越えて楽しめるようになった。

こうしたYouTubeに投稿されているコメントに対する言語学的な分析や、コメントの遣り取りが外国語学習に役立つ可能性を検討する研究が近年行われ、「自分が興味をもった話題について海外の人々とインターネット上でやりとりすることも外国語学習につながる」という学術的見解が示されている。これは日常的に英語を使う機会が少ない日本人にとって興味深い結果と言え、英語の授業でもそうした動画を活用することは検討する価値があるという。

関連URL

調査の詳細

ワールド・ファミリーバイリンガル サイエンス研究所

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
先生方の負担にならない 校務用PCの二要素認証ログイン 指タッチだけで簡単ログイン リモートアクセスも簡単にできる! 詳しくはこちら YubiPlus
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
NEWSサイト作成・運営 オウンドメディアに最適 wanitel

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • RICHO 戸田市 STEAM教育実践オンラインセミナー 2022年2月21日 ご登録はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス