1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. LINEノベル、「スマホ読書用」小説コンテストの大賞作品を決定

2020年5月11日

LINEノベル、「スマホ読書用」小説コンテストの大賞作品を決定

LINEが運営する小説プラットフォーム「LINEノベル」は、スマホ読書に適した、約2~3分で読める2万文字以内のショートストーリーを募集する「第2回ショートストーリーコンテスト」の大賞作品を、8日に決定し発表した。

「LINEノベル」は、文芸(ドラマ、恋愛、ノンフィクション、サスペンス・ミステリーなど)やライトノベル(ファンタジー、バトル・アクション、SFなど)といった出版社が提供する様々なジャンルの人気作品やユーザーが投稿した作品が読める小説アプリ。

スマホでの快適な読書を実現するため、気軽に読書ができるよう1冊の作品を複数の話数で区切り、1話を約2000~3000文字を目安に収めている。LINEノベル公式サイトから、自身の作品を投稿することもできる。

「ショートストーリーコンテスト」は、「LINEノベル」ならではのスマホ読書に適した、次世代コンテンツの発掘を目的に開催する小説コンテストで、2~3分で読める2万文字以内のショートストーリーを募集。

昨年の12月に開催した、同コンテストの第1回目では、「恋愛」×「秘密」にまつわる物語をテーマに作品を募集し、文芸部門、ライトノベル部門でそれぞれ大賞受賞作品が決定した。

第2回目となる今回は、「どんでん返し」を募集テーマに、3月9日~4月8日にかけて作品を受付。青春・現代ドラマ・純愛など様々なジャンルの作品が集まり、応募総数は前回を上回る514作品に上った。

審査の結果、賞金10万円が贈呈された大賞作品には、死神と青年との奇妙な3日間を描いた、JO太郎さんの「死神の制度」が決定した。第3回目は、「希望」をテーマに5月中旬に開催予定。

関連URL

「死神の制度」

「LINEノベル」アプリ

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
GIGAスクール構想 標準仕様書スペックに対応したタブレット端末が登場 Sky安心GIGAタブレット Windows10 Office 365搭載 Sky
小学校の1人1台学習をサポートする 非営利型一般社団法人 Just-learning

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス