1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. LINEノベル、「スマホ読書用」小説コンテストの大賞作品を決定

2020年5月11日

LINEノベル、「スマホ読書用」小説コンテストの大賞作品を決定

LINEが運営する小説プラットフォーム「LINEノベル」は、スマホ読書に適した、約2~3分で読める2万文字以内のショートストーリーを募集する「第2回ショートストーリーコンテスト」の大賞作品を、8日に決定し発表した。

「LINEノベル」は、文芸(ドラマ、恋愛、ノンフィクション、サスペンス・ミステリーなど)やライトノベル(ファンタジー、バトル・アクション、SFなど)といった出版社が提供する様々なジャンルの人気作品やユーザーが投稿した作品が読める小説アプリ。

スマホでの快適な読書を実現するため、気軽に読書ができるよう1冊の作品を複数の話数で区切り、1話を約2000~3000文字を目安に収めている。LINEノベル公式サイトから、自身の作品を投稿することもできる。

「ショートストーリーコンテスト」は、「LINEノベル」ならではのスマホ読書に適した、次世代コンテンツの発掘を目的に開催する小説コンテストで、2~3分で読める2万文字以内のショートストーリーを募集。

昨年の12月に開催した、同コンテストの第1回目では、「恋愛」×「秘密」にまつわる物語をテーマに作品を募集し、文芸部門、ライトノベル部門でそれぞれ大賞受賞作品が決定した。

第2回目となる今回は、「どんでん返し」を募集テーマに、3月9日~4月8日にかけて作品を受付。青春・現代ドラマ・純愛など様々なジャンルの作品が集まり、応募総数は前回を上回る514作品に上った。

審査の結果、賞金10万円が贈呈された大賞作品には、死神と青年との奇妙な3日間を描いた、JO太郎さんの「死神の制度」が決定した。第3回目は、「希望」をテーマに5月中旬に開催予定。

関連URL

「死神の制度」

「LINEノベル」アプリ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
リモートワークで使うパソコンのセキュリティ対策は? できてない! バッチリです Yubi Plus
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
オンライン授業・学習支援システム TeacherView

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 個別商談会受付中!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス