1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. LINEノベル、「スマホ読書用」小説コンテストの大賞作品を決定

2020年5月11日

LINEノベル、「スマホ読書用」小説コンテストの大賞作品を決定

LINEが運営する小説プラットフォーム「LINEノベル」は、スマホ読書に適した、約2~3分で読める2万文字以内のショートストーリーを募集する「第2回ショートストーリーコンテスト」の大賞作品を、8日に決定し発表した。

「LINEノベル」は、文芸(ドラマ、恋愛、ノンフィクション、サスペンス・ミステリーなど)やライトノベル(ファンタジー、バトル・アクション、SFなど)といった出版社が提供する様々なジャンルの人気作品やユーザーが投稿した作品が読める小説アプリ。

スマホでの快適な読書を実現するため、気軽に読書ができるよう1冊の作品を複数の話数で区切り、1話を約2000~3000文字を目安に収めている。LINEノベル公式サイトから、自身の作品を投稿することもできる。

「ショートストーリーコンテスト」は、「LINEノベル」ならではのスマホ読書に適した、次世代コンテンツの発掘を目的に開催する小説コンテストで、2~3分で読める2万文字以内のショートストーリーを募集。

昨年の12月に開催した、同コンテストの第1回目では、「恋愛」×「秘密」にまつわる物語をテーマに作品を募集し、文芸部門、ライトノベル部門でそれぞれ大賞受賞作品が決定した。

第2回目となる今回は、「どんでん返し」を募集テーマに、3月9日~4月8日にかけて作品を受付。青春・現代ドラマ・純愛など様々なジャンルの作品が集まり、応募総数は前回を上回る514作品に上った。

審査の結果、賞金10万円が贈呈された大賞作品には、死神と青年との奇妙な3日間を描いた、JO太郎さんの「死神の制度」が決定した。第3回目は、「希望」をテーマに5月中旬に開催予定。

関連URL

「死神の制度」

「LINEノベル」アプリ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ITパスポート WEB通信講座 受講料11,000円 資格★合格クレアール
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス