1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. SIGNATE、経産省ほか4者と新たな人材発掘に「AIエッジコンテスト」開催

2020年5月11日

SIGNATE、経産省ほか4者と新たな人材発掘に「AIエッジコンテスト」開催

SIGNATEは、経済産業省、新エネルギー・産業技術統合開発機構(NEDO)、ディジタルメディアプロフェッショナルとともに「第3回AIエッジコンテスト」を開催する。

IoT社会の到来により急増したデータの高度な利活用を促進するには、すべてのデータをクラウドで処理するのではなく、ネットワークの末端(エッジ)で高度かつ低消費電力で情報処理を行う「エッジコンピューティング技術」の確立が求められている。

このような背景のもと、経済産業省とNEDOは、革新的なAIエッジコンピューティングの実現に向けて、優れた技術やアイデア、それらを担う人材を発掘し、新たな人材の当該分野への参画を促すことを目的に同コンテストを開催している。

第1回エッジコンテストでは、物体検出およびセグメンテーションをテーマとしたアルゴリズムの精度を競い、第2回では、ハードウェア(FPGA)への実装をテーマとしたコンテストを実施した。

第3回となる今回は、画像中の物体追跡をテーマとし、モデルサイズや推論時間も意識した上でアルゴリズムの認識精度を競う。不正等の問題がないかを再現性を含めて確認した上で、厳正なる審査選考を行い、入賞者を決定する。

課題は、車両前方カメラで撮影した動画から物体が写っている矩形領域を検出し、その物体を追跡するアルゴリズムを作成すること。参加資格は特になし。個人、団体いずれの参加も可能。コンテスト期間は4月27日~6月30日。

関連URL

コンテスト公式サイト

SIGNATE

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス