1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. アルー、グローバル人材育成をテーマとしたオンライン研修をリリース

2020年5月13日

アルー、グローバル人材育成をテーマとしたオンライン研修をリリース

社会人向け教育サービスの提供を行うアルーは11日、グローバル人材育成をテーマとしたオンライン研修である「グローバルビジネスシミュレーション オンライン」と「グローバル部下マネジメントシミュレーション オンライン」の2種類の新商品をリリースした。

リモートワークで求められる語学力と異文化対応力の必要性を理解し、具体的に必要なことや今後の課題の明確化、学習への強い動機づけを行うことを目的に、グローバル人材育成をテーマとしたオンラインサービスを開発した。

2つのプログラムは、「日本人が苦手な場面を再現」「緊張感のある状況下で、できるまで何度も繰り返し訓練」「実践と個別フィードバックを行い、個人の癖や課題を特定」という3つの仕掛けを盛り込み、効果的にトレーニングを実施するという。

グローバルビジネスシミュレーション オンライン概要

対象企業:グローバル展開をしている企業(業界問わず)
対象者:
・海外駐在経験はないが、今後海外に赴任する予定がある人(長期出張含む)
・国内で海外の顧客や取引先とリモートでやり取りをする人
・最低限の英語力は備わっている(目安:TOEIC Cレベル 470~730)
効果:
・現状への危機感の醸成
・外国人とのビジネスコミュニケーションに対する自信の醸成
・今後の英語学習に向けた動機づけ
期間:4日間(1日8時間)
受講人数:1回あたり最大5人まで受講可能
実施形式:オンライン

グローバル部下マネジメントシミュレーション オンライン概要

対象企業:グローバル展開をしている企業(業界問わず)
対象者:
・海外駐在経験はないが、今後海外に赴任して現地の外国人社員を部下に持つ人
・既に海外に赴任しているが、外国人部下のマネジメントに課題を感じている人
・一定の英語力は備わっている(目安はTOEIC 600以上、Bレベル 730以上推奨)
効果:
・海外にいる部下に対する遠隔マネジメント力が身につく
・日本と異なる労働慣行の部下に対するマネジメントの難しさを体感し、自らの啓発点に気づくことができる
・ビジネス英会話力の課題を明確にすることができる
期間:4日間(1日8時間)
受講人数:1回あたり最大4人まで受講可能
実施形式:オンライン
その他:研修後1カ月以内に、無料で英語力のアセスメントを受けることができる(1回のみ)

関連URL

アルー

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス