1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. こどもプログラミング本大賞2020、「作って学ぶScratchドリル」に決定

2020年5月15日

こどもプログラミング本大賞2020、「作って学ぶScratchドリル」に決定

日本出版販売(日販)は14日、「こどもプログラミング本大賞2020」の受賞作品と部門入賞作品を発表した。

エンジニアや小学生、小学校教員、プログラミングスクール講師など計1200人以上による投票の結果、「作って学ぶScratchドリル」(オライリー・ジャパン)が大賞に決定した。

2019年に創設された同大賞は、子ども向けの優れたプログラミング本の認知拡大を図るために、「子どもたちに推めたいプログラミングの本」を、関係者らの投票で決めるもの。

今回は、エントリーした書籍71作品を、「絵本・読み物部門」「操作マニュアル部門」「保護者・教員向け部門」に分け、3会場で投票を募集。

3会場の投票結果を集計し、「絵本・読み物部門」「操作マニュアル部門」の中で最も票を集めたものを「大賞」として、また各部門の得票数上位3点を「部門入賞」として決定。

今回の投票は、今年2月に開催されたソフトウェア開発者向けカンファレンス「Developers Summit 2020」内で募ったエンジニアからの投票、東京都の平成30・31年度プログラミング教育推進校「品川区立・第2延山小学校」で集めた児童・保護者・小学校教員からの投票、そして小学生向けプログラミングスクール「Tech Kids School」渋谷校で集めた受講生・講師・保護者からの投票を集計し、受賞作品を決定した。

大賞の「作って学ぶScratchドリル」は、小学校低学年から使える、ドリル形式のScratch入門書。5つのプロジェクトを通じて、プログラミングの基礎を身に付けることができる。

「とにかくまずは手を動かして、ブロックをつないでプログラムを作ってみる」ことに主眼を置き、文章は最小限に、図や手順を多用することで直感的に何をすればよいかが分かる構成になっており、飽きずにどんどん進められる内容。

関連URL

日本出版販売(日販)

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス