1. トップ
  2. 学校・団体
  3. コード・フォー・ジャパン、新型コロナ対策で接触確認アプリのソースコード公開

2020年5月20日

コード・フォー・ジャパン、新型コロナ対策で接触確認アプリのソースコード公開

コード・フォー・ジャパンは18日、接触確認アプリ「まもりあいJAPAN」のソースコードをオープンライセンスで公開した。

新型コロナウイルス陽性判定者との濃厚接触ほか各種関連情報を迅速に通知するスマートフォンアプリを、厚生労働省が主体となって開発する決定を受け、3月からCode for Japanがとりまとめ、有志によって開発してきた接触確認アプリ「まもりあいJAPAN」のソースコードをオープンライセンスで公開した。

今後は、技術者の理解を深める目的で、ソースコードについての勉強会の開催を予定している。プライバシーを守る実装について分かりやすく解説する。開催日時や詳細は「まもりあいnote」に掲載する。

関連URL

ソースコードの公開

「まもりあいnote」

Code for Japan

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
GIGAスクール構想 標準仕様書スペックに対応したタブレット端末が登場 Sky安心GIGAタブレット Windows10 Office 365搭載 Sky
小学校の1人1台学習をサポートする 非営利型一般社団法人 Just-learning

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス