1. トップ
  2. 学校・団体
  3. BEENOS、武蔵野市立本宿小学校と「オンライン教育プロジェクト」を開始

2020年5月20日

BEENOS、武蔵野市立本宿小学校と「オンライン教育プロジェクト」を開始

BEENOSは19日、「コロナ休校」が長期化している中、子どもたちの学びの機会を守ることを目的としたCSR活動として、武蔵野市立本宿小学校と連携して、「はとの子オンライン教育プロジェクト」を共同で開始すると発表した。

このプロジェクトでは、同社グループがこれまで培ってきたテクノロジーを活かし、同小に対し情報セキュリティ対策の知見の提供や環境設定を実施。オンライン教育の推進を図るための基盤構築を、産学連携ですすめていく。

同社グループはこれまで、新型コロナウイルス対応として、リモートワークの実施やマスクなどの備品の寄付、子どもを持つ従業員への「臨時休校特別休暇」制度の制定を行ってきた。

今回、テクノロジーを強みとする企業として何かできることはないかと調査を進める中で、専門のエンジニアがおらず、デジタル化が困難な教育機関への支援が急務であると判断。

そこで、同小と連携し、まずは同小の子どもたちが安心してオンラインで学習できるよう、同社グループの知見やリソースの提供によるインフラ整備支援を行うことにした。

「学習プロジェクト」概要

開始日:5月15日
内容:産学連携によるオンライン教育基盤の整備、オンライン学習トライアル(朝の会)の開催とオンライン授業の実施
支援内容:オンラインで学習する環境の無い家庭へのタブレットの貸与、オンライン授業を実施するための教員へのタブレットやルーターの貸与、エンジニアの派遣によるセキュリティや学校のインフラについてのアドバイス・開発、有用なアプリケーションのセットアップ・ユースケースの提示、オンライン授業の運営アドバイス、カリキュラム作成補助

関連URL

BEENOS

武蔵野市立本宿小学校

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス