1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 大学教授3人、運動を点数や音楽表現に変換し楽しく継続できるアプリを開発

2020年5月21日

大学教授3人、運動を点数や音楽表現に変換し楽しく継続できるアプリを開発

立命館大学理工学部の岡田志麻准教授、順天堂大学大学院スポーツ健康科学研究科の町田修一教授、東京藝術大学COI拠点の小川類特任准教授の3人は20日、共同で開発した運動・トレーニングを点数や音楽表現に変換するウェブアプリ「Biosignal Art」を、各大学COI拠点のホームページで発表した。


このアプリは、パソコンの内蔵カメラや外付けカメラで全身を映し、アプリからの指示に従って、運動・トレーニングを実施する。

その後、画像内の関節位置情報から姿勢推定を実施することで、運動・トレーニング動作をいくつかのポイントに従って、点数に変換する仕組みになっている。

運動・トレーニングを行った結果は、点数だけでなく音楽表現にも変換。この音楽表現と運動・トレーニング映像を合わせた動画をダウンロードして、結果を確認して楽しめる。

今回のバージョンで実施できる運動・トレーニングはスクワットだけだが、今後は運動・トレーニングや音楽のバリエーションを増やすほか、ダンスなどの多彩な身体表現も取り入れながら、楽しく継続可能なコンテンツを拡充させていく。

東京藝大が作成するイメージムービーも追加するなど、アプリ全体のバージョンアップを図る予定。また、この技術を利用した商品やサービスの開発、事業の展開などの社会実装も目指していくという。

同アプリの開発では、立命館大はTechnology(運動解析技術開発)、順天堂大はSports(運動監修)、東京藝大はArt(音楽監修)というそれぞれの研究者の強みを生かしながら、約1カ月という短期間で開発を進め、運動・トレーニングを点数や音楽表現に変換するシステムとして完成させた。

アプリ概要

名称:Biosignal Art
価格:無料
概要:アプリからの指示に従って実施する運動・トレーニングをいくつかのポイントに従って評価し、点数や音楽表現として変換する
動作環境:パソコンだけに対応(パソコンの内蔵カメラまたは外付けカメラが必要)
対応ブラウザ:Google Chromeだけ(順次、他のブラウザに対応させていく予定)
詳細

関連URL

COI拠点
(立命館大)
(順天堂大)
(東京藝大)

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
リモートワークで使うパソコンのセキュリティ対策は? できてない! バッチリです Yubi Plus
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
オンライン授業・学習支援システム TeacherView

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 個別商談会受付中!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス