1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 金沢工大、SDGsカードゲームのAndroidアプリをリリース

2020年1月22日

金沢工大、SDGsカードゲームのAndroidアプリをリリース

金沢工業大学の学生プロジェクト「SDGs Global Youth Innovators」がリバースプロジェクト社と共同で開発したSDGsカードゲーム「THE SDGsアクションカードゲームX(クロス)」のAndroidアプリが、1月20日からGoogle Playでリリースされた。

Google Playで「THE SDGsアクションカードゲームX」と検索してダウンロードすれば、無料で利用できる。Android端末でGoogle Play webページを開き、ダウンロードすることもできる。

製品版に関しては、「リバースプロジェクト」オフィシャルウェブサイト・オンラインショップで購入できる。

このアプリは、解決策を提案する「リソースカード」を使い、「トレードオフカード」が提示する問題を解決していくゲームで、「ビギナー版」と「アドバンス版」の2種類がある。

「ビキナー版」は、2〜3人でチームを作り、問題解決のアイデアを創出するゲームで、1ターン目は1枚のトレードオフカードと8枚のリソースカードが提示される。リソースカードは、ターンを追うごとに減っていく。

表示されたトレードオフカードに対してリソースカードを見て、アイデアが出た人から1人1枚選択し、解決策を提案。

2番目以降にカードを使う人は、前に出たアイデアにつながるような解決策を提案。チームメンバー全員がアイデアを出し、合計3枚以上のリソースカードを使って、問題を解決できれば、ゲーム終了。

一方、「アドバンス版」は2〜3人の複数のチームで行うゲームで、チームにつきスマホかタブレットを1台用意して行う。

関連URL

「THE SDGsアクションカードゲームX」無料ダウンロード

「リバースプロジェクト」オンライン ショップ

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
SHARP BIG PAD Capmus 「GIGAスクール」時代に欠かせないツール 電子黒板とは?
GIGAスクール構想実現のポイントは? Ciscoならネットワークからセキュリティまで CISCO
プログラミングを子どもに教えたい大人向け1日講座 毎月開催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス