1. トップ
  2. 学校・団体
  3. APU、外国人留学生の「入学前の日本語学習」をサポートする携帯アプリ配信

2020年8月3日

APU、外国人留学生の「入学前の日本語学習」をサポートする携帯アプリ配信

立命館アジア太平洋大学(APU)は、同学の言語教育センター(Center for Language Education:CLE)の教員が監修した日本語学習サポートアプリ「TOBIRA(サバイバル編)」の配信を、7月29日から開始した。

このアプリは、CLEの日本語科教員が開発したAPUオリジナル日本語学習テキスト「日本語5つのとびら(サバイバル編)」(凡人社)をベースに、コンテンツをアプリ化したもの。

APUがアプリを開発・提供するのは今回が初めての試みで、入学前の外国人留学生(国際学生)が、日本語に親しみを持ち、日本到着後スムーズに日本の生活や日本語学習を始められるようにするのが狙い。

今年9月入学予定の外国人留学生(国際学生)約450人から、入学前学習として同アプリの利用推奨を開始。日本語学習に興味があれば、誰でも利用できる。

同アプリは、操作する際、外部との通信を極力行わず、アプリ内で完結することでパフォーマンス・ユーザビリティの両立を図った。

デザインも、「学習アプリ」という堅いイメージにとらわれず、「気軽に楽しく日本語を学んでほしい」という思いから、イラストや、ポップな配色を採用。「勉強」というよりは、「ゲーム」感覚で日本語を学ぶことを重視した。

具体的には、ひらがな、カタカナ/数字/時間表現/日本の通貨(紙幣・硬貨)曜日、日付、月/基本的な挨拶(「はじめまして」、「こんにちは」など)の書き方、読み方、聞き取り(音声)練習のコンテンツが収録されている。

アプリの概要

配信開始日:7月29日(水)
費用:無料
対応デバイス:iPhone/iPod touch、Androidスマホ(タブレット端末には提供していない)インストール:App StoreまたはGoogle Playで「TOBIRA」を検索してインストール

関連URL

立命館アジア太平洋大学(APU)

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス