1. トップ
  2. 学校・団体
  3. APU、外国人留学生の「入学前の日本語学習」をサポートする携帯アプリ配信

2020年8月3日

APU、外国人留学生の「入学前の日本語学習」をサポートする携帯アプリ配信

立命館アジア太平洋大学(APU)は、同学の言語教育センター(Center for Language Education:CLE)の教員が監修した日本語学習サポートアプリ「TOBIRA(サバイバル編)」の配信を、7月29日から開始した。

このアプリは、CLEの日本語科教員が開発したAPUオリジナル日本語学習テキスト「日本語5つのとびら(サバイバル編)」(凡人社)をベースに、コンテンツをアプリ化したもの。

APUがアプリを開発・提供するのは今回が初めての試みで、入学前の外国人留学生(国際学生)が、日本語に親しみを持ち、日本到着後スムーズに日本の生活や日本語学習を始められるようにするのが狙い。

今年9月入学予定の外国人留学生(国際学生)約450人から、入学前学習として同アプリの利用推奨を開始。日本語学習に興味があれば、誰でも利用できる。

同アプリは、操作する際、外部との通信を極力行わず、アプリ内で完結することでパフォーマンス・ユーザビリティの両立を図った。

デザインも、「学習アプリ」という堅いイメージにとらわれず、「気軽に楽しく日本語を学んでほしい」という思いから、イラストや、ポップな配色を採用。「勉強」というよりは、「ゲーム」感覚で日本語を学ぶことを重視した。

具体的には、ひらがな、カタカナ/数字/時間表現/日本の通貨(紙幣・硬貨)曜日、日付、月/基本的な挨拶(「はじめまして」、「こんにちは」など)の書き方、読み方、聞き取り(音声)練習のコンテンツが収録されている。

アプリの概要

配信開始日:7月29日(水)
費用:無料
対応デバイス:iPhone/iPod touch、Androidスマホ(タブレット端末には提供していない)インストール:App StoreまたはGoogle Playで「TOBIRA」を検索してインストール

関連URL

立命館アジア太平洋大学(APU)

2か月間の「すらら」学習時間を競うイベント! 2020.12.1-2021.1.31 すららCUP -ひとりじゃ見えない景色を見にいこう- すららカップエントリー受付中
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
自立学習型能力開発 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 導入事例をご紹介 速読解力講座 速読聴英語講座 簡単入力で資料請求
Rakuten Communications 詳細はこちら GIGAスクールプラン 授業のICT化をサポート 用途に合わせたSIMカードをご提供
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • スタディサプリ 3校に1校が導入済みのICT教材って? 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス