1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. AXT、地域間の教育格差解消を目指し「発達障害児童向けオンライン指導」開始

2020年5月22日

AXT、地域間の教育格差解消を目指し「発達障害児童向けオンライン指導」開始

AXTは、都市部と地方の教育格差の解消を目的に、同社が運営する発達障がい・グレーゾーン専門の学習塾「個別指導のコーチング1」で、5月から「発達障害児童向けオンライン指導」のサービスを開始した。


都市部に比べ、地方には、高度なノウハウを以って学年相当の学力を想定した学習指導や受験対策を行う「発達障がい専門の学習塾」はほとんどないという。

また、「コロナ休校」によって生じた学習カリキュラムの遅れを埋めるためには、自宅や学習塾での学習が重要になるが、発達障がい専門の学習塾の選択肢が少ない地方では、発達障がい・グレーゾーン児童と一般児童との教育格差が生じやすい。

こうした現実を踏まえ、同社は今回、「オンライン指導」を提供して、教育格差の解消を目指すことにした。

オンライン指導の開始で、同社が首都圏・関西圏・東海圏で行ってきたLD・ADHD・自閉症スペクトラムを含む発達障がい・グレーゾーン児童向け学習指導サービスを全国へ提供できるようになり、「発達障がい児童教育」の都市部と地方の教育格差解消の一翼を担う。

また、オンライン指導は全て完全マンツーマンで実施。新型コロナウイルスの感染リスクが低い自宅で学習できる。

同社は、受験対策・進学支援を行う学習指導に特化した発達障がい専門の学習塾で、創業10年で5920件の相談・指導の実績がある。

「オンライン指導」では、この実績に基づいたノウハウで生徒の特性の分析や具体的な指導方針、志望校対策などを提案。受験や進学の選択での教育格差の解消を目指す。

関連URL

「個別指導のコーチング1」

AXT

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス