1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. パステルコミュニケーション、「小学校低学年のためのソーシャルスキルトレーニング」公開

2020年7月31日

パステルコミュニケーション、「小学校低学年のためのソーシャルスキルトレーニング」公開

パステルコミュニケーションは29日、同社が無料公開している、発達障がい・グレーゾーンの子ども向けオリジナル教材と教材の使い方に、「小学校低学年のためのソーシャルスキルトレーニング」ができ、ダウンロードできると発表した。

ソーシャルスキルとは、人や社会とうまく関わっていくために必要なスキル。あいさつをする、自分の気持ちを伝える、上手に断る、イライラや怒りを解消するなど、さまざまなものがある。

発達障がい・グレーゾーンの子どもは、その特性からソーシャルスキルが育ちにくい背景がある。ソーシャルスキルの弱さは、そのまま集団生活への苦手感として現れる場合が多く、集団生活を経験するとき、とたんに不適応を起こしてしまう子どもがいるという。

では、どんなスキルがあったら困らないで済むのか?楽しく小学校生活を送れるのだろうか?それらの悩みを解決する工夫を盛り込み、小学校生活を楽しむソーシャルスキルを育てる、発達障がい・グレーゾーンのおうちでできるトレーニング教材。

関連URL

教材ダウンロード

パステル総研

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス