1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. AXT、「発達障がい児童向けオンライン指導」を海外展開開始

2021年2月12日

AXT、「発達障がい児童向けオンライン指導」を海外展開開始

AXTは9日、同社が運営する発達障がい・グレーゾーン専門の学習塾「個別指導のコーチング1」が2月から、「発達障がい児童向けオンライン指導」の対象を海外在住の日本人へ拡大し、海外展開を開始したことを発表した。

これにより国内外の発達障がい児童教育における格差を解消する一翼を担うことができるという。

海外の日本人学校における発達障がい児童教育は日本国内に比べて不十分であり、特別支援教室が設置されている日本人学校は世界で10校ほどしかなく、教室での学習を助ける学習支援員がいる学校もほとんどない。

また、民間の学習支援についても、海外進出している一般的な学習塾が一部あるとはいえ発達障がいの特性に配慮した指導は難しく、隠れた教育格差が存在している。

このような現実を踏まえ、同社は「発達障がい児童向けオンライン指導」を海外在住の日本人へ提供することによって、国内外の教育格差を解消したいという。

これまで国内で行ってきたオンライン指導を海外在住の発達障害・グレーゾーン児童に対して提供可能。また、オンライン指導は全て完全マンツーマン指導で、新型コロナウイルスの感染リスクが低い自宅で学習することがでる。

同社は受験対策・進学支援を行う学習指導に特化した発達障がい専門の学習塾。創業10年で5920件の相談・指導実績があり、この実績に基づいたノウハウを以って生徒の特性の分析や具体的な指導方針、志望校対策などを提案し、帰国後の受験や進学の選択における教育格差の解消を目指す。

発達検査を受けたにも関わらず、検査を行った臨床心理士や医師から教育における具体的・実践的な助言を貰えることは少ない。臨床心理士や医師が、職域を超える教育的助言を控えるのは仕方がないことだが、多くの生徒・保護者は検査結果の活用方法が分からずに困っているという。

同社には検査結果を解釈する専門知識があるので、検査結果を学習指導に反映するだけでなく、家庭での保護者の関わり方や学校の先生との連携方法も提案し、総合的な教育格差の解消を目指すという。

関連URL

個別指導のコーチング1(AXT)

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
毎日送る あのメールも 時々送る あのメールも 『うっかり送り間違えました』なんて言えないから。 やってしまった…とならないように… WISE Alert メール誤送信対策ツール AIR COMPANY LIMITED
jamf | NATION Tokyo 2021 2/2(火)から3/2(火)まで 参加費無料ウェビナーシリーズ リモートワーク ゼロトラスト リモート・オンボーディング 従業員選択制 遠隔授業 デバイス管理のすべてがここに
NICA(全国ICTクラブ協会) オンライン開催 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • スタディサプリ GIGAスクール時代のベストパートナー
  • 通信環境の問題でお困りではありませんか? GIGAスクール構想対応 教育総合ポータル Learning Skeleton AI
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス