1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. AKA、英語学習AIロボット「Musio」の子ども向け新教材6月から提供開始

2020年5月23日

AKA、英語学習AIロボット「Musio」の子ども向け新教材6月から提供開始

人工知能エンジン及び人工知能ソーシャルロボットを開発しているAKAは21日、英語学習AIロボット「Musio」のユーザーを対象に、子ども向けの新しいコンテンツを製作したと発表した。

ゲームなど、より楽しく使うことができる機能の開発のため、当初の予定よりリリースが延びたが、6月から販売・提供する。価格はいずれも3千円(税別)。

今回発売する新教材の1つ目は、AMAZING DINOSAURS。恐竜の名前や特徴を遊びながら学べる、幼児から小学生を対象とした初級者向けのボードブック。恐竜について基本的な知識を学べるだけでなく、バリエーション豊かなゲームやクイズも搭載。恐竜の会話を聞きながら手助けするリスニングゲームや、数を数えたりどの恐竜の説明をしているのか当てたりするクイズなどで楽しみながら英語をインプットしてアウトプットするトレーニングをできるという。

2つ目は、DINOSAURS。20種類の様々な恐竜の種類や特性などを英語で知ることができる、幼児から小学生を対象にした初級者から中級者向けのカード。各カードにはそれぞれの恐竜の鳴き声も入っており、遊ぶだけで簡単な英語が身につくだけでなく恐竜博士にもなれるという。

3つ目は、SWEET KITCHEN。イラストで描かれたキッチンにある調理器具や食材、家電製品の名前を楽しく学ぶ、幼児から小学生を対象にした初級者向けのボードブック。本には小さな仕掛けが多数施されており、小さな子どもも夢中で遊べる工夫が満載。まず、食べ物の名前を覚え、次に覚えた食材でのクッキングにチャレンジすることで短い言葉から長いフレーズをスムーズに理解できるようになる。この本で、子どもが大好きなおままごとと英語学習が一緒にできる1冊になっているという。

関連URL

Musio

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト こどもOffice(R) ぼくたちは、世界標準で学ぶ GIGAスクール構想にも最適です!
NICA 全国ICTクラブ協会 Webニュースライター講座 ≪オンライン開催≫ あなたもプロになれる!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス