1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 静岡県袋井市、全児童生徒へ学習用端末を整備

2020年5月30日

静岡県袋井市、全児童生徒へ学習用端末を整備

静岡県袋井市は29日、同市の約8000人の全児童生徒に学習用端末タブレットを1人1台整備することを明らかにした。

児童生徒に1人1台の学習用端末を整備する国のGIGAスクール構想の一環として、昨年度1280台を整備済みのため、残り約6720台を本年度11月末までに整備する。合わせて、高速大容量の通信ネットワークも整備し、ICTを活用した学習環境の充実を図る。

ICTを活用することで「個に応じた学び」や「協働的な学び」を充実させ、考える力を育てるとともに学力向上を図るとしている。また、子どもたちの情報活用能力の向上、分かりやすい授業のため、教員の研修も積極的に行っていく。

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • みらいスクールステーション 学校内の密集回避や分散授業に みらスクで感染症対策! FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 国内メーカーならではの手厚い対応/無償保証 「GIGAスクール構想」対応ネットワークソリューション AlaxalA
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス