1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. デジタルアーツ、町田市教委が「i-FILTER」「m-FILTER」で学びの環境を実現

2020年6月15日

デジタルアーツ、町田市教委が「i-FILTER」「m-FILTER」で学びの環境を実現

デジタルアーツは12日、東京都・町田市教育委員会の校内ネットワークおよびメールのセキュリティ対策に、同社のWebセキュリティ製品「i-FILTER」とメールセキュリティ製品「m-FILTER」が採用されたと明らかにした。

町田市教育委員会では、これからの学びに必要な「場所にとらわれない学習環境」の構築に向け、いつでもどこでも校務系ネットワークに接続できる環境づくりを重視した。その結果、校務系のネットワーク構築には、既設のWi-Fi環境の設備増強を伴わずに済むLTE環境を、教員の校務パソコンと児童・生徒が授業で使用するタブレットには、端末の予算を抑えつつ台数を確保できるChromebookを選択した。

さらにWindowsのシンクライアント環境を構築し、端末に情報を残さず、かつ教員による個人情報などの持ち出しを防ぎ、重要なデータを守る体制を強化した。これにより、場所を選ばずにChromebookから校務系ネットワークに接続でき、教員のテレワークと校外学習も可能となる環境が得られた。

今回の環境整備に伴い、同市では全教員がGmailアカウントを所持することとし、メールセキュリティ製品「m-FILTER」Ver.5を採用した。また、教員や児童生徒、学校関係者が利用するネットワークのセキュリティには、Webアクセスをセキュアに守り、柔軟なフィルタリングルールで管理が可能なWebセキュリティ製品「i-FILTER」Ver.10が採用された。

さらに、教員の要望や困りごとなどを拾い上げるヘルプデスクを設置し、「i-FILTER」と「m-FILTER」のURLアクセスの一元管理や利用状況のレポート機能をはじめとしたさまざまな機能を活用している。

関連URL

町田市教育委員会での導入事例

「i-FILTER」Ver.10および「m-FILTER」Ver.5

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス