1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 公益研究基盤機構、「東大発ベンチャーカオスマップ 2020年版」を発表

2020年6月25日

公益研究基盤機構、「東大発ベンチャーカオスマップ 2020年版」を発表

公益研究基盤機構(PPRP)は24日、東京大学の研究室の研究成果を事業化する目的で創立されたベンチャー企業を中心に67社を掲載した「東大発ベンチャーカオスマップ 2020年版」を発表した。


今回のカオスマップは、AI・ロボティクス・モビリティ・医療・バイオ・エネルギー・教育・その他の8つの分類に従い、既に一定の業績をあげている企業から創業して間もない企業まで、総勢67社の東大発ベンチャーを掲載。

AI部門では、「DeepX」や「ACES」、「NABLAS」といった東大松尾研発ベンチャー企業をはじめ、数多くのベンチャー企業が名を連ねている。

また、バイオ部門の「Green Earth Institute」、エネルギー部門の「エクセルギー・パワー・システムズ」といった、東大エッジキャピタル(U-tech)からの出資を受けながら、急速に事業拡大している企業も見受けられる。

同カオスマップでは、大学で達成された研究成果にもとづく特許や新たな分析、ビジネス手法を事業化する目的で創立された「研究成果ベンチャー」を中心に取り上げている。

公益研究基盤機構は、産学連携の推進などを通して、最先端領域の研究や社会的意義の大きいとされる研究に取り組む学術機関に対して支援を行う一般社団法人。

また、東大はこれまで、長期に渡り大学発ベンチャーを支援するエコシステムを整えてきた。その結果、国内では他大学の追随を許さぬ、日本一の「起業家輩出校」となっている。

バイオのユーグレナから、ITのグノシー、医薬のペプチドリームまで、幅広い業種で卒業生や在学生、教員たちが活躍している。

関連URL

公益研究基盤機構

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス