1. トップ
  2. 学校・団体
  3. レブコム、筑波大学との音声認識技術に関する共同研究を開始

2020年7月8日

レブコム、筑波大学との音声認識技術に関する共同研究を開始

音声解析AI電話「MiiTel(ミーテル)」を開発・提供するRevComm(レブコム)は6日、5月1日から、筑波大学システム情報工学研究群マルチメディア研究室と、ミーテルの基幹技術の一つである音声認識技術や話し方のスコアリング技術において、共同研究を開始したと発表した。

電話営業とコールセンターにおけるトークを分析し、会話の質を評価するサービスである「ミーテル」を開発する上で必要となる要素技術を共同開発。

研究は、5月1日から開始しており、具体的な研究内容は、収集した音声データから発話音声の傾向や特徴をスコア化し分析する手法の開発、および複数のマイクロフォンを利用して精度の高い音声認識エンジンを開発するための基礎研究および応用研究。

同社は「コミュニケーションを再発明し、人が人を想う社会を創る」をミッションに、営業におけるトークの可視化とセルフコーチング、テレワーク化を実現する音声解析AI電話ミーテルを提供。

世の中のあらゆるものがデータ化・可視化されてゆくなか、音声コミュニケーションはその枠から取り残されたまま。レブコムはAIと音声により音声領域にメスを入れ、データ化し活用していくことで、スキルのブラックボックス化を解消し、すべてのコミュニケーションを想いやりに満ちたものに変えていくという。

筑波大学のマルチメディア研究室は、実環境を想定した音声認識システムのユーザビリティ向上に関する研究や、日本語スピーキングテストにおける音声発話の発音、イントネーションや文法などの特徴量からのスコアリング技術の研究に精力的に取り組んできている研究室。この点で、同社がミーテルの開発で取り組んでいる研究課題と親和性が高いということで、共同研究に至ったという。

関連URL

ミーテル

レブコム

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト こどもOffice(R) ぼくたちは、世界標準で学ぶ GIGAスクール構想にも最適です!
NICA 全国ICTクラブ協会 Webニュースライター講座 ≪オンライン開催≫ あなたもプロになれる!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス