1. トップ
  2. 学校・団体
  3. グラッドキューブと筑波大、プロ野球ビッグデータ分析で共同研究

2018年6月20日

グラッドキューブと筑波大、プロ野球ビッグデータ分析で共同研究

グラッドキューブは19日、筑波大学体育系・西嶋尚彦教授と、産学連携の一環として、プロ野球に関するビッグデータからスポーツ中継と共に配信するためのプレー項目を構成し、項目特性を統計学的に分析する共同開発を開始すると発表した。

d19309-5-201385-0このプロジェクトのスタートは5月15日付で、研究におけるプロ野球データはデータスタジアム社の協力のもと提供してもらう。

グラッドキューブが運営しているメディア「SPAIA(スパイア)」内で、プロ野球に関するビッグデータを使い、機械学習によりAI勝敗予想・一球予想の精度向上のため、西嶋教授と共同開発を行う。

社会が求めるスポーツ情報にサイエンスを取り込むことで、よりユニークで、適切に届けることを目指している。

具体的な研究内容は、プロ野球の1球ごとの投球および打撃データの分析と、定性的分析法を適用してスポーツ中継で求められるプレー項目を構成し、プロ野球のビッグデータからプレー項目を加工し尺度特性を統計学的に分析する。

関連URL

グラッドキューブ

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス