1. トップ
  2. 学校・団体
  3. グラッドキューブと筑波大、プロ野球ビッグデータ分析で共同研究

2018年6月20日

グラッドキューブと筑波大、プロ野球ビッグデータ分析で共同研究

グラッドキューブは19日、筑波大学体育系・西嶋尚彦教授と、産学連携の一環として、プロ野球に関するビッグデータからスポーツ中継と共に配信するためのプレー項目を構成し、項目特性を統計学的に分析する共同開発を開始すると発表した。

d19309-5-201385-0このプロジェクトのスタートは5月15日付で、研究におけるプロ野球データはデータスタジアム社の協力のもと提供してもらう。

グラッドキューブが運営しているメディア「SPAIA(スパイア)」内で、プロ野球に関するビッグデータを使い、機械学習によりAI勝敗予想・一球予想の精度向上のため、西嶋教授と共同開発を行う。

社会が求めるスポーツ情報にサイエンスを取り込むことで、よりユニークで、適切に届けることを目指している。

具体的な研究内容は、プロ野球の1球ごとの投球および打撃データの分析と、定性的分析法を適用してスポーツ中継で求められるプレー項目を構成し、プロ野球のビッグデータからプレー項目を加工し尺度特性を統計学的に分析する。

関連URL

グラッドキューブ

新高3生対象 合格への戦略 Benesse 進研模試の成績と連動! 1.11から申込みスタート
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 小学校のフラッシュ英単語/英語表現 英語の授業がもりあがる! 無料体験版はこちら CHIeru
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録