1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. スクーミー、イベントの参加者同士のコミュニケーションアプリのβ版を無償公開

2020年7月21日

スクーミー、イベントの参加者同士のコミュニケーションアプリのβ版を無償公開

学習教材プラットフォーム「スクーミー」は17日、オンライン・オフラインのカンファレンス、セミナー時に利用することで、主催者・参加者がよりインタラクティブにコミュニケーションが取れるアプリケーション「tally」を開発し、β版の無償提供を行うと発表した。

同アプリは、セミナーや勉強会、カンファレンス時の意見交換や質問、リアクションなどを可視化するアプリケーション。主催者は、どのトピックに参加者がリアクションしたのかを時間帯やメッセージから判断することが可能。

4つのリアクションを参加者が気軽に送信できることで、オンラインイベントでなかなか参加者の心情がわからなかった不安を取り除くことができる。

また匿名での質問や意見なども送ることができるので、話し手とのコミュニケーションや参加者同士のコミュニケーションをスムーズに行うことができるという。

4つのリアクションと、メッセージのタイミングを集計し、イベント終了時にデータの共有を行う。どのトピック時に盛り上がったかなどの測定や、メッセージの分析などをするための共有シート(Googleスプレットシート)を取得。これによりイベントの分析が可能に。

同アプリは現在、よりインタラクティブなコミュニケーションを、様々なイベントで作り出すためにアップデート重ねているという。

関連URL

tallyアカウント作成

tally

スクーミー

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
PANDUIT 最適な校内LAN整備の実現には道路が要です GIGAスクール構想対応 Cat6A ソリューション カテゴリー6A製品の詳細はこちら
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • TERRACE 導入事例をご紹介 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 簡単入力で資料請求
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス