1. トップ
  2. データ・資料
  3. グローバルインフォメーション、「トレーニング・教育」のAR市場調査を発表

2020年8月4日

グローバルインフォメーション、「トレーニング・教育」のAR市場調査を発表

グローバルインフォメーションは3日、市場調査レポート「トレーニング・教育における拡張現実(AR)の世界市場2020年:Covid19による成長と変化」(The Business Research Company)をまとめ、販売を開始したと発表した。

同レポートによると、トレーニング・教育におけるAR市場は、2019年の73億米ドルから2020年には85億米ドルへ、CAGR16.14%で成長すると予測されている。

その後は、新型コロナの影響下で、必要なソフトウェアやデバイスを装備している教育機関が少ないことから、市場規模は一度縮小した後、2023年には187億2000万米ドルに達し、CAGR30.31%でV字回復すると予想。

また、教育機関でのAR技術の実装が市場を牽引。ARの新しい高度な技術は、学習環境を改善。多くの学校や大学で、学生が積極的に参加し、学習を体験できるようなAR技術を採用している。

例えば、「ZSpace」アプリを使用すると、生徒は人間の心臓や地球の大気の様々な層をより効果的に研究できる。

また、教室の統合が効果的でないことが、同市場の成長の阻害要因となっている。ARは、多くの利点を持つ先端技術だが、高度な先端技術にありがちな、現場での問題に直面。

教室の形状とサイズ、ARと教育訓練カリキュラムを統合するためのスキルの欠如、およびレッスンや科目を表示するためのインターフェイスを介した対話の難しさは、教室での拡張現実の統合を妨げているという。

関連URL

調査レポートの詳細

グローバルインフォメーション

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス