1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 無学年式AI×アダプティブラーニング「すらら」、岐阜県の東白川中学校に導入

2020年8月4日

無学年式AI×アダプティブラーニング「すらら」、岐阜県の東白川中学校に導入

すららネットは3日、同社が提供するAI×アダプティブラーニング「すらら」が、岐阜県東白川村立東白川中学校で2学期から授業内活用を開始すると発表した。同校では「すらら」を4月から導入している。

東白川村は岐阜県東部に位置し、標高1000メートル級の山に囲まれ、村の90パーセントを山林が占める、人口約2千人の山間にある村。同村では、2020年度から中学生全員にタブレット端末を支給している。ICTの活用により学校の勉強と自宅学習だけで、ひとりひとりに合わせたきめ細かい学習指導を実現することを目的とし、村内唯一の中学校である同校3年生の全生徒13名が「すらら」で自宅学習を開始した。

同校は生徒自身の苦手な単元を自主的に学習するため、「すらら」での自宅学習への取り組みと、自立学習の習慣化を目指している。生徒はひとりひとりの理解に応じて、問題の難易度を調整し、必要に応じ前学年や小学校で学習した単元にさかのぼることができる「すらら」の特長が決め手となり導入を決めた。先生は生徒の学習状況が一目でわかる「すらら」学習管理画面を活用し、教科横断で「すらら」での自宅学習のサポートにあたる。山間部にあり、学習塾に通う選択肢がない環境においても、ICTを活用して学校が全面サポートすることにより、生徒の基礎学力向上を目指す。

2学期からは「すらら」のテスト機能を活用し、平日の授業時間内に中学1・2年生で学習した単元の復習テストを行い、週末にテストで正答率が低かった単元を復習する、という流れで学習を進め、ひとりひとりの生徒がそれぞれ必要な学びに取り組んでいく予定。

関連URL

すららネット

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス