1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 無学年式AI×アダプティブラーニング「すらら」、前橋市の全中学校が導入

2020年6月19日

無学年式AI×アダプティブラーニング「すらら」、前橋市の全中学校が導入

すららネットは18日、同社のAI×アダプティブラーニング「すらら」が、6月から群馬県前橋市の全中学校で導入されたと発表した。

今回の同市の取り組みは、新型コロナウイルスによる休校措置が解除され学校が再開した後も、分散登校などで十分な授業時間の確保が難しい状況が継続することから、自宅学習支援の必要性の高まりを受け、8月31日までの期間限定で実施するもの。

対象は、市内にある全22の中学校で、3年生合計2620人が1人1台タブレットを持って学習する。

自宅学習や在宅ワークが急速に広がり、タブレットの需要が高まる中、全中学生にタブレットを支給することが困難なことから、高校受験を控え自宅学習のニーズが高まっている3年生が今回の受講対象になった。

同社は、「コロナ休校」を受けて、「すらら」無償ID提供の呼びかけを行い、全国で約15万人の児童・生徒に学習機会を提供。

「すらら」は、アニメのレクチャー機能で、これまで学校で習ったことがない全く新しい単元を1人で学習でき、休校のまま新しい学年を迎えた多くの児童・生徒がこの機能を活用して、新学年の単元に自ら取り組むことができたという。

同市も、「すらら」のこの特長を活かし、3月からの休校で進捗が遅れがちな新学年の単元を、一人ひとりのペースで学習することで、分散登校期間中の自宅学習時間の確保と学習の質の向上を期待している。

関連URL

「すらら」

2か月間の「すらら」学習時間を競うイベント! 2020.12.1-2021.1.31 すららCUP -ひとりじゃ見えない景色を見にいこう- すららカップエントリー受付中
文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介 Classi
自立学習型能力開発 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 導入事例をご紹介 速読解力講座 速読聴英語講座 簡単入力で資料請求
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
時間と距離の課題をICTでクリア 島しょ部の生徒たちに刺激と交流の機会を マイナビニュース PR:シスコシステムズ
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 個別商談会受付中!
  • スタディサプリ 3校に1校が導入済みのICT教材って? 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス