1. トップ
  2. データ・資料
  3. アジアのスマート教育・学習市場、2030年に3693億4千万米ドル規模に=グローバルインフォメーション「市場調査レポート」=

2021年11月30日

アジアのスマート教育・学習市場、2030年に3693億4千万米ドル規模に=グローバルインフォメーション「市場調査レポート」=

グローバルインフォメーションは29日、市場調査レポート「アジアのスマート教育・学習市場~コンポーネント別・学習モード別・エンドユーザー別:機会分析と業界予測 (2021年~2030年)」(Allied Market Research)の販売を開始したと発表した。

同レポートによると、アジアのスマート教育・学習市場は、2020年に433億6千万米ドル規模に到達。2030年には3693億4千万米ドルに達し、23.6%のCAGRを記録すると予測されている。

スマート教育・学習ソリューションは、モバイル機器のアプリケーションおよび学習者のモビリティを重視し、従来の教室での教育方法に代わる、柔軟な学習プロセスを提供。

多くの教育機関がハイテクな教育方法を採用してスマートな教育コンセプトを好むようになっていることから、スマート教育・学習ソリューションの採用が長期にわたって増加。

教育分野は、学校や大学からのe-ラーニングソリューションの需要が増加していることから、e-ラーニングを最も早く導入している分野の一つ。

また、中国やインドなどの発展途上国では、質の高い教育を受けられないことが、このコンセプトの導入を促進しており、市場に潜在的な成長機会をもたらすと予想されている。

一方、2020年のアジアでのスマート教育・学習市場では、ハードウェアセグメントが優勢で、今後もその優位性を維持することが予想される。

アジアのスマート教育・学習市場におけるハードウェアセグメントの成長を牽引しているのは、主にインタラクティブディスプレイの採用の増加。インタラクティブディスプレイは、あらゆる学習環境に対応しており、使用、導入、サポートが容易。

一方、サービス分野は、ソフトウェアを効果的に機能させることができ、エンドユーザーからの需要が高まっており、最も高い成長率が見込まれている。

2020年のアジアのスマート教育・学習市場は、エンドユーザー別では教育分野が圧倒的なシェアを占めている。これは、デジタルリソースへの投資の増加に伴い、教育インフラの継続的な改善や学習・評価プロセスのカスタマイズが行われているためだが、予測期間中、企業セグメントが最も高い成長率を示すと予想されている。

2020年のアジアのスマート教育・学習市場全体では、中国が圧倒的なシェアを占めている。これは主に、中国の教育部門が急速に発展し、インテリジェント技術に傾倒していることに起因している。

また、この国の主要企業は先進的なスマート教育・学習製品を積極的に導入しており、市場の成長をさらに後押ししている。

関連URL

レポートの無料サンプル

グローバルインフォメーション

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
YubiPlus 先生方にもテレワークを! 狭山市導入事例 詳しくはこちら
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス