1. トップ
  2. データ・資料
  3. グローバルインフォメーション、LMSの市場規模2026年に379億米ドル到達予測

2022年1月11日

グローバルインフォメーション、LMSの市場規模2026年に379億米ドル到達予測

グローバルインフォメーションは6日、市場調査レポート「LMS (学習管理システム) の世界市場 (~2026年):コンポーネント (ソリューション・サービス)・提供形態 (遠隔教育・インストラクター主導型・ブレンデッド型)・展開区分・ユーザータイプ (学術機関・企業)・地域別」(MarketsandMarkets)の販売を開始したと発表した。


LMS (学習管理システム)の市場規模は、2021年の158億米ドルからCAGAR19.1%で成長し、2026年には379億米ドルに達すると予測されている。アクセスしやすい学習へのニーズ、学習コンテンツの効果的な管理、企業による人材育成への注力、クラウドベースのLMSソリューションの導入拡大、BYODの需要の高まりなどが、LMS市場の成長を促進する主な要因になると考えられる。

COVID-19の発生により、ウイルスの拡散を避けるために多くの国で厳しいロックダウン、シャットダウン、移動制限が行われている。ベンダーは、2020年に向けて、LMSソリューションに対する高い需要を経験した。国境の封鎖、厳しい管理、サプライチェーンの問題が、LMSソリューションのオンサイト展開の阻害要因となっている。LMSの商業化は、大規模な市場成長を促進すると予想される。パンデミックの影響で、企業はビジネス戦略の再構築を迫られており、顧客の信頼を回復するために強力なネットワーク接続に力を入れている。

企業や教育機関は、従業員や学生の学習進捗状況を閲覧もしくは追跡することを望んでいる。従来の、学習状況を把握するための方法は、手動または調査ツールを使ったアンケート形式のもので、非効率で不正確なものだった。手作業によるアンケートには、時間の浪費、低い回答率、参考資料やベンチマークがなく、回答の正当性に問題があり、時間的な制約や効率的な測定ツールの不足により、組織はプログラムの効果を正確に把握することがでない。

LMSソリューションの導入の進展により、LMSベンダーは最新の技術を導入して自社製品の改善を試みている。LMSソリューションは、教育者が注意力の低下に対応するために、ビジュアルの増加とテキストの減少、より魅力的なテーマと表現、バーチャルな没入型学習の重視、そして最終的にはゲーミフィケーションの導入を支援する。人工知能(AI)を導入して、コンセプトの理解を助け、コースを提案し、学生のパフォーマンスを向上させるためのフィードバックを提供するAIベースのメンターを作ることもできる。また、データ分析などの他のテクノロジーでは、日々のやり取りから学生の思考プロセスや学習スタイルを分析し、学生に合わせたコースを提供することで、パーソナライズされた学習体験を提供することができる。

関連URL

当レポートの無料サンプル申込

グローバルインフォメーション

 

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス