1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 富士通、「GIGAスクール構想」と「withコロナ」に対応した新サービスを無償提供

2020年8月5日

富士通、「GIGAスクール構想」と「withコロナ」に対応した新サービスを無償提供

富士通は3日、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、教育現場において先生や児童・生徒がオンライン学習や家庭学習を負担なくスムーズに実施できるよう支援するため、「GIGAスクール構想」のもとで学校に導入されるWindowsタブレット上で活用可能な新サービス「future瞬快 コネクト」とオンライン学習環境支援サービスの無償提供を8月から順次開始すると発表した。

「future瞬快 コネクト」の概要図

「future瞬快 コネクト」は、児童・生徒がタブレットを学校に持参し授業で使用する際や、学校からタブレットを自宅に持ち帰って学習する際に、ボタン一つの簡単な操作でネットワークの切り替えが可能。

また、オンライン学習環境支援サービスは、先生がオンライン学習の開始日時や画面共有ソフトの接続先URLなどのオンライン学習に必要な情報を、自宅にいる対象児童・生徒に容易に通知できるという。

future瞬快 コネクト概要

対象:Windowsタブレットを導入する全国の小学校、中学校、高等学校、特別支援学校
申込開始:8月3日から
無償利用期間:利用開始後、永続的に無償
機能:ボタン一つの簡単な操作で、タブレットのネットワークを学校または家庭に切替可能。学校でタブレットをネットワークに接続する際には、家庭のWi-Fi IDとパスワードを自動で削除する機能も搭載。

詳細・申込

オンライン学習環境支援サービス概要

対象:Windowsタブレットを導入する全国の小学校、中学校、高等学校、特別支援学校
申込開始:9月30日から
無償利用期間:利用開始から1年間
機能:先生はオンライン学習の日時や内容、使用するオンラインツール(Microsoft Teams、Google Meets、Zoomなど)と、対象となる児童・生徒を選択し、通知することができる。児童・生徒はタブレットのWebブラウザ上に表示された学習予定をタップするだけで、家庭からオンライン学習に参加可能。

関連URL

富士通

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス