1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 日本マイクロソフト、「GIGAスクール構想」対応の「GIGAスクールパッケージ」発表

2020年2月4日

日本マイクロソフト、「GIGAスクール構想」対応の「GIGAスクールパッケージ」発表

日本マイクロソフトは4日、昨年12月に文部科学省が発表した「GIGAスクール構想」に対応する新しい教育機関向けソリューションとして、「GIGAスクール構想」の学習者用端末等の標準仕様に適合した8社17機種の「GIGAスクール対応PC」とマイクロソフトのクラウドサービス等を組み合わせたソリューションを提供する「GIGAスクールパッケージ」を、パートナー企業と連携して提供すると発表した。


今回発表した「GIGAスクールパッケージ」では、世界中の教育現場で導入されている
WindowsとOffice 365を、GIGAスクール構想に対応した特別な低価格で、日本の初等中等教育機関に戦略的に提供するもの。

「GIGAスクールパッケージ」は、以下の5つで構成される。
1.GIGAスクール対応PC
2.GIGAスクール構想に対応した教育プラットフォーム
3.MDMによる大規模な端末展開とアカウント管理手法の提供
4.教員研修の無償提供
5.「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」に対応可能なクラウド環境

文部科学省は2019年12月に、子供たち一人ひとりに個別最適化され、創造性を育む教育ICT環境の実現に向けて、「令和時代のスタンダード」としての1人1台端末環境と、高速大容量の通信ネットワーク、パブリッククラウド等を一体的に整備する、「GIGAスクール構想」を発表し、児童生徒1人1台端末を2023年度までに小中全学年で達成するために、1台当たり4.5万円を補助、校内LAN工事を行うなどの具体的な施策や、端末やシステムの要件を公開した。

日本マイクロソフトは、これまで教育機関向けのクラウドソリューションやPCなどをパートナー企業と連携して提供するとともに、ICTを活用した授業を円滑に行うための研修を、この1年間だけでも3万人以上の日本の教員に実施するなど、子供たちが21世紀の国際競争社会を生き抜いていく力「Future-ready skills」(フューチャー レディ スキル)をテーマに、「子供の学び方」、「先生の教え方」、「学校での働き方」の変革を支援してきた。

関連URL

「GIGAスクールパッケージ」内容の詳細

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
ぼくたちは、世界標準で学ぶ こどもOffice(R) Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト 製品サイトへ
NICA 全国ICTクラブ協会 Webニュースライター講座 ≪オンライン開催≫ あなたもプロになれる!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス