1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 富士通、「GIGAスクール構想」に対応した漢検協会のデジタル学習コンテンツを提供開始

2021年4月12日

富士通、「GIGAスクール構想」に対応した漢検協会のデジタル学習コンテンツを提供開始

富士通と富士通Japanは、小中高向けドリルシステム「FUJITSU 文教ソリューション K-12 個別学習支援 V1 ペンまーる」を通じて、日本漢字能力検定協会の「日本漢字能力検定」の級設定に基づいた一部の学習コンテンツの提供を開始すると発表した。「GIGAスクール構想」に対応した漢検協会のデジタル学習コンテンツの提供は、国内初だという。

搭載する内容のイメージ

「ペンまーる」は、学習者がタブレット端末上で出題された問題に手書きで解答し、その内容を自動採点できるシステム。今回、新たに漢検協会の日本語および漢字学習コンテンツを「ペンまーる」に搭載したほか、誰でも無償で漢検協会の学習コンテンツを体験できるトライアルサイトも同時に公開した。

漢検協会が実施している「日本漢字能力検定」は、認知度が高く広く普及している能力検定の一つ。文部科学省の「GIGAスクール構想」により、児童・生徒一人ひとりにタブレット端末が提供され、デジタル学習を行える環境が整備されたことから、これまで紙の教材が中心だった漢検協会の学習コンテンツのデジタル提供が急務となっている。それに対応するため、このたび、富士通Japanの手書き文字採点技術を活用した小中高向けドリルシステム「ペンまーる」上から漢検協会の学習コンテンツを提供する。

同コンテンツは、タブレット端末を学校の授業で利用する児童・生徒に、漢検10級から2級までの各級5回分の学習プリントと力試しプリントを提供。児童・生徒は、「ペンまーる」のwebブラウザ上から漢検協会の「日本漢字能力検定」の学習コンテンツにアクセスし、すぐに学習を始めることが可能。解答後に答え合わせボタンをクリックすると自動採点されるため、解答直後に結果を確認できる。

富士通Japanが保有する手書き文字採点技術により、児童・生徒がタブレット端末上にペン入力した解答筆跡について、漢字の書き順やとめ、はねなどの漢字特有の細かな表現を含めて、正解筆跡と比較できる。児童・生徒は、自動採点機能により、すぐに採点や答え合わせをし、間違えた解答の正しい内容を確認。教員画面からは、児童・生徒の学習状況や解答内容を把握でき、教員はシステムに蓄積された児童・生徒の全解答データを専用画面から参照でき、児童・生徒一人ひとりの学習の進捗状況や理解度、学びの定着度をリアルタイムに把握し、指導に活かすことができる。

関連URL

富士通

富士通Japan

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
リモートワーク用パソコンのセキュリティ対策できてますか? YubiPlusで簡単に対策
Classi GIGAスクール時代における学校教育・学習指導について考える会(無料) 9.21(水)16:00-/9.28(火)16:00- お申し込み受付中 
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • GIGAスクール構想 機器のお悩みはこちら 24時間365日受付
  • 採点はラクになる! デジタル採点システム 基本機能だけならずっと無料 YouMark Personal
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス