1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ビズリーチ、「ビズリーチ・キャンパス for 海外大生」を開始

2020年8月25日

ビズリーチ、「ビズリーチ・キャンパス for 海外大生」を開始

ビズリーチが運営する OB/OG 訪問ネットワークサービス「ビズリーチ・キャンパス」は24日、海外正規留学生(海外留学生)のキャリア選択を支援するため、現在開校している国内39の大学に「ビズリーチ・キャンパス for 海外大生」を追加したと発表した。

同コンテンツは、開始当初はアメリカとカナダのすべての大学・大学院に通う海外留学生を対象とし、今後、登録できる学生の対象エリアを拡大予定。

「ビズリーチ・キャンパス」は、OB/OG訪問を通じて、大学生のキャリア選択を支援するサービス。これまでオンラインOB/OG訪問機能を利用できたのは国内39大学の学生のみだったが、同コンテンツの提供によって海外留学生もオンラインOB/OG訪問機能を利用できるようになるという。

なお、提供開始時には三井物産やPwC Japanグループをはじめとする企業が同コンテンツを利用する。

海外留学生がキャリア選択に向けた情報収集をするうえでは、一般的に(1)海外の大学の学期と日本の就職活動でスケジュールが異なり、学業との両立が難しい(2)日本に帰国するための費用や時間の負担が大きい(3)日本での就職について相談できる社会人が少ない、などがハードルだという。

これらのハードルために、海外留学生は、国内学生と比べてキャリア選択のための十分な情報収集ができないまま就職先を決めなければならない環境に置かれているという。また、最近では新型コロナウイルス感染症の拡大により、海外と日本の往来制限やキャリアセミナーの規模縮小などが発生しており、リアリティーのある情報を得られる場がさらに限られている。

そこで同社は、OB/OG 訪問の依頼から訪問までをサービス内で完結できる「ビズリーチ・キャンパス」のオンライン OB/OG 訪問機能を活用し、海外留学生のキャリア選択を支援するため「ビズリーチ・キャンパス for 海外大生」を開始。

同コンテンツの特長は、①学年や時期を問わずに、オンラインOB/OG訪問が可能②日本で働く社会人に、海外にいながら多様な形式で話が聞ける③24時間有人監視のもと、安全に利用できることだという。

関連URL

ビズリーチ・キャンパス for 海外大生

ビズリーチ・キャンパス

ビズリーチ

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス