1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 水辺の安全を学べるWEBサイト「e-Lifesaving」、新たに「川編」を追加

2020年8月25日

水辺の安全を学べるWEBサイト「e-Lifesaving」、新たに「川編」を追加

日本ライフセービング協会(JLA)は24日、水辺の安全について学べる専門Webサイト「e-Lifesaving(イーライフセービング)」に、河川財団との協同制作で、新たに「川編」を追加したと発表した。

同サイトには、すでに「プール編」と「海編」があり、今回の「川編」を合わせ3タイトルともすべて無料で利用できる。

内容は4つのコンテンツで構成。パソコン・タブレット端末とネットワーク環境があれば、学校や自宅で、動画を見たり、クイズに答えたりして、「Water Safety」について学べる。

同サイトは、JLAが、子どもたちが水辺の事故防止の心構えや、安全のための知識と技能を身に付け、楽しく活動できるように、「海と日本プロジェクト」(日本財団)の助成で、河川財団と学研プラスの協力で制作。

主に小中学校教育で、電子黒板やPC・タブレット端末などを使用して、主体的・対話的な学びを促すことをねらいとしており、プール活動や自然体験活動の事前指導、道徳や総合的な学習の時間など、水辺の安全教育に幅広く活用できる。

また、同サイトを学校でどのように使って授業を進められるのか、その具体的な活用方法、授業の進め方も、同サイト内で公開している。

「e-Lifesaving」4つのコンテンツ

①事前学習:イラストを見ながら事前学習(「川編」はここに登場)
②動画で考えよう:ドラマを見ながら水辺の危険や、もしもの対処を考える
③実践動画集:動画で「助かる方法」「助ける方法」を学ぶ
④クイズ「水辺の安全って?」:クイズに答えて「Water Safetyについて学ぶ

関連URL

「e-Lifesaving」

動画「必見! 今すぐ授業に導入できる!水辺の安全教育」

日本ライフセービング協会

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
自立学習型能力開発 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 導入事例をご紹介 速読解力講座 速読聴英語講座 簡単入力で資料請求
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 個別商談会受付中!
  • スタディサプリ これがICT教材のトータルパッケージ 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス