1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 金沢工大と学生団体「GYIs」、子ども向け「SDGs学習教材」を作成

2020年9月2日

金沢工大と学生団体「GYIs」、子ども向け「SDGs学習教材」を作成

金沢工業大学と同大の学生団体「SDGs Global Youth Innovators」(GYIs)は1日、ジョンソンコントロールズ社と連携して、子ども向け「SDGs学習教材」を作成したと発表した。

ジョンソンコントロールズは、世界150カ国以上のユーザーに多様なテクノロジーとソリューションを提供するグローバル多角産業企業。6日にオンライン開催する「ファミリーデーイベント」では、今回作成した学習教材を使って、SDGsをテーマにしたオンラインワークショップを実施する。

「安全で快適、持続可能な世界をSDGsで学ぼう」と題したこのワークショップでは、小学4年生以上の同社従業員の家族50~100人を対象に、「未来の街づくり」について考える。

GYIsが企業と共同開発したオリジナルカードゲーム「THE SDGs アクションカードゲームX(クロス)」で遊びながらSDGsについて学ぶ。ワークショップの模様は、YouTubeで一般公開する。

金沢工大とGYIsは、SDGsに関する授業・ワークショップの講師として全国の小中高を対象に活動しており、2019年度には19回・約1250人の生徒に対する教育支援を実施。

また、経営者を含めた一般向けのワークショップを約60回開催し、約3300人を対象にSDGs学習の支援を行った。

ビルソリューションのグローバル企業であるジョンソンコントロールズとは、金沢工大のSDGs推進センター・経営情報学科平本研究室が連携し、若者がSDGsを考えることを目的に共同研究に取り組んでいる。

「ファミリーデー・オンラインワークショップ」概要

開催日時:9月6日(日)13:00~16:00(途中休憩あり)
アジェンダ:
①「理解」:オリジナルカードのプレイや教材の概要紹介を通じて、ジョンソンコントロールズとSDGsとの関係性の理解を深める
②「想像」:未来の社会を創造するためのインプットとして、総務省の「未来をつかむTECH」戦略をベースとした未来の生活像のインプットを行う
③「提案・共有」:オリジナルカードをベースに課題解決をするikigaiのある職業について考え、名前をつけ、共有する
詳細

参加申込み

関連URL

金沢工業大学

ジョンソンコントロールズ

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス