1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 次世代ロボエンジニア機構、中高生11人によるFRC出場チームを発足

2020年9月15日

次世代ロボエンジニア機構、中高生11人によるFRC出場チームを発足

次世代ロボットエンジニア支援機構(Scrambl)は14日、京都・奈良の中高生11人による、「FRC」(FIRST Robotics Competition)出場チーム「Scramble-FRC」を新たに発足させたと発表した。

同チームは、Scrambleの4番目の重点強化チームとして9月に発足し、京都の「けいはんなオープンイノベーションセンター」を拠点に活動中。

メンバーの多くは、FLL ChallengeやRoboCup Junior、World Robot Olympiadなどのコンテストへの出場経験があり、このうちFLL ChallengeとRoboCup Juniorでは世界大会で入賞した生徒もいる。

今後は、Scramble所属のRoboMaster、MicroMouse、RoboCupJunior、RoboCupSSLの4チームと互いに技術・ノウハウなどを共有し、競技会で上位入賞を目指す。

「FRC」は、アメリカのNPO法人「FIRST」が、15~18歳を対象に主催する国際ロボットコンテストで、世界35カ国から約3800チーム・9.5万人以上が参加。

毎年1月にロボット競技のルールが発表され、世界各国で開催される地方予選までの約6週間で50kg程度の大型ロボットを製作。具体的には、3D CADを用いた設計と組立、自律制御や遠隔操作のためのプログラミング、およびロボットの操作練習を行う。

大会では、3つのチームで1つの連合チームを作り、試合ごとに連合チームの構成チームを変えながら競い合うのが特徴で、世界各国から集まる他チームメンバーと英語でコミュニケーションする能力も必要。

地方予選でロボット競技の成績が高いチームや、日々の活動が高く評価されたチームは、アメリカで開催される世界大会への出場権を手にできる。

関連URL

世代ロボットエンジニア支援機構

支援のお願い
(企業用)
(個人用)

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス