1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. Scramble、ロボットコンテストに特化したチーム支援プログラムの2021年度採択チーム決定

2021年9月29日

Scramble、ロボットコンテストに特化したチーム支援プログラムの2021年度採択チーム決定

次世代ロボットエンジニア支援機構(Scramble)は27日、2021年度ロボコンチーム支援プログラム(STEP2021)の支援チームを公募に基づき選出し、発表した。

審査の結果、All_outlook(関東圏高校合同)、Gratify(群馬高専)、Kyutech Under Robotics(九州工業大)、富ロボレスキュー(富山大)の4つのチームへ支援を実施する。

STEPとは、ロボコンチーム支援プログラム(Scrambl robocon Team Encouragement Program=STEP)はロボットコンテスト(ロボコン)で成長したい学生・子ども達を応援するため、公募でロボコンに出場する学生・子ども達のチームを支援。選出されたチームにはチームが希望する物品を同機構から提供する。今年度は昨年度から事業規模を拡大し、1チームあたりの支援額、総支援額をともに大幅に増額した。

支援チーム一覧
【ロボカップジュニア出場チーム「All_outlook」(高校合同)】
関東圏にある複数の高校の1年生が集まって、ロボカップジュニアのサッカーライトウェイトリーグに参加するチーム。
【高専ロボコン出場チーム「Gratify」(群馬高専)】
主にアイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト(通称:高専ロボコン)に出場しているチーム。
【沖縄海洋ロボットコンペティション出場チーム「Kyutech Under Robotics」(九州工業大)】
沖縄海洋ロボットコンペティションを始めとした水中ロボコンに出場するチーム。
【レスキューロボットコンテスト出場チーム「富ロボレスキュー」(富山大)】
レスキューロボットコンテスト(レスコン)に出場しているチーム。

関連URL

次世代ロボットエンジニア支援機構

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス