1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 高校生を想定受験者とした「プログラミング英語検定ジュニア」を開始

2021年9月29日

高校生を想定受験者とした「プログラミング英語検定ジュニア」を開始

グローバリゼーションデザイン研究所は、同社が運営するプログラミング英語検定で、高校生を主な想定受験者とする「プログラミング英語検定ジュニア」を27日から開始した。

また同試験の学習用資料(教材)はクリエイティブ・コモンズ・ライセンス(CC ライセンス)で無償提供される。さらに新試験開始を記念し、全試験の個人受験チケットが 30%オフとなる割引キャンペーンを10月5日まで実施する。

プログラミング英語検定は、プログラミングで求められる英語力を測定して高める目的で作られた試験。ウェブ上で受験が可能。同社は、2020 年から「アドバンスト試験」(想定受験者は社会人)と「ベーシック試験」(想定受験者は大学生や専門学校生)を提供。

ジュニアの特徴は、主な想定受験者は高校生。ベーシック試験よりも入門的。出題カテゴリーは「語彙」と「読解/文法」の 2 つ。合否ではなく、得点に応じて A〜E の「グレード」で評価する。個人受験料は1650 円(税込)。団体受験割引あり。

ジュニアの「読解/文法」の出題カテゴリーでは、ソフトウェアに表示されるエラー・メッセージなどを読み取る問題が出される。そのための学習用資料(教材)となる小冊子「ソフトウェア英語メッセージの読み方:特徴と頻出表現」を CC ライセンス(CC BY-NC-SA 4.0)で無償提供。また、「語彙」カテゴリーでは、同社提供の「プログラミング必須英単語 600+」の「ベーシック 300」と「前提英単語 100」が出題範囲となる。プログラミング必須英単語 600+自体は 2019 年から CC ライセンス(CC BY-NC-SA 4.0)で無償提供してきたが、新たに出題範囲のみを抜粋したバージョンを同じ CC ライセンスで公開。

また、プログラミング英語検定ジュニアの開始を記念し、すべての試験の個人受験チケッ
トが 30%オフとなる割引キャンペーンを10月5日まで実施する。割引クーポンの入手、および個人受験の申し込みについては、各試験ウェブページを参照する。

関連URL

学習用資料ダウンロード

プログラミング英語検定ジュニア

グローバリゼーションデザイン研究所

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス