1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 次世代幼児教育研究プロジェクト、教育関係者向けシンポジウムの模様を公開

2020年9月18日

次世代幼児教育研究プロジェクト、教育関係者向けシンポジウムの模様を公開

次世代幼児教育研究プロジェクトは17日、教育関係者と保護者を対象に実施したシンポジウム「子どもの可能性を引き出すために、教育者・大人ができること」の模様を公開した。

4 回目となる今回のシンポジウムは、9月12日にオンラインで開催。幼稚園・保育園・小学校の教諭をはじめ、スクールやNPOなどの教育関係者、保護者などが参加した。

FutureEdu代表・Learn by Creation代表・Peatix.com共同創設者の竹村詠美氏をモデレーターに迎え、Crimson Global Academyカントリーマネージャ・文科省中央教育審議会委員の松田悠介氏と、コビープリスクールよしかわみなみ園長の三鍋明人氏と共に、テーマについて語り合い、視聴者の質問に答えた。

「育てていきたい子ども像」というテーマでは、登壇者3人とも「好きなことを探求し、感性や表現力を育むこと」の大切さを挙げた。

また、小学校でも徐々にICT教育が普及し始めている中で、どのような取り入れ方が理想かを話し合った。

オンライン学習については、今後はオンラインとオフラインを循環させ、子どもたちがクリエイティビティを発揮できることを期待。

シンポジウム終了後の参加者へのアンケートでは、「大人が変えるべきマインド」について、共感の声が多く寄せられた。

同プロジェクトは、子どもたちの自主性をサポートし、試行錯誤する楽しさを伝え、自ら何かを創り出す力を実感できる学びのあり方を研究するため、CANVASと、well-beingをテーマに幼児向け製品の広報などを手がけるPR会社「キャンドルウィック」によって、2017 年に設立された。

関連URL

シンポジウム概要をまとめた動画

次世代幼児教育研究プロジェクト(Early Education For Tomorrow: E4T)

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス