1. トップ
  2. 学校・団体
  3. VIE STYLE、東大と「集中・疲労度を解析し生産性を上げるAI」を共同開発

2020年10月14日

VIE STYLE、東大と「集中・疲労度を解析し生産性を上げるAI」を共同開発

VIE STYLE(ヴィースタイル)は13日、同社のイヤホン型脳波計「VIE ZONE(ヴィーゾーン)」で測定された脳波などの生体情報から、集中度・疲労度を解析して、生産性を支援するAIを開発する共同研究を、東京大学と開始したと発表した。

同社が開発する「VIE ZONE」は、特許申請中の独自構造により、高性能Bluetoothイヤホンから脳波・心拍・呼吸を取得できるウェアラブルデバイス。

このデバイスを活用して、働く人の集中度・疲労度などを脳波でモニターし可視化することで、リモートワークの生産性支援とメンタルヘルスケアを行うサービスを開発するのが、今回の共同研究の目的。

三菱総合研究所の米国調査会社レポートによると、ブレインテック市場は2024年には5兆円規模になると試算されており、さらにビッグデータと人工知能(AI)の台頭で、脳科学を利用する意義が一層問われるようになる。

共同研究を行う東大大学院工学系研究科機械工学専攻・上田一貴特任講師は、「生産性の高い活動を行う上で必要な記憶力、注意力、思考力、感情などの様々な機能について、脳波計やMRIなどの高度なヒューマンセンシング技術を用いた脳科学的研究で、そのメカニズムが明らかになりつつある。これらの最新の脳科学的知見を活用して、仕事や日常生活の様々な場面で心理的・身体的状態をモニタリングできるウェアラブルデバイスの開発研究を進めていく」と語っている。

関連URL

VIE STYLE

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス