1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 武蔵野大、データサイエンス学科生がSlackと連動した検温・体調管理アプリを開発

2020年10月19日

武蔵野大、データサイエンス学科生がSlackと連動した検温・体調管理アプリを開発

武蔵野大学は15日、データサイエンス学部データサイエンス学科生が、Slack連動型検温・体調管理(ヘルスログ)アプリ「cd ../」(COVID-19 Health Check System for MUDS)を開発したと発表した。

データサイエンス学科では入構時の検温チェックに加え、体温測定及び教員への検温結果の提出が対面授業参加の条件。毎日体温を測定し、紙やスプレッドシートに記録することを煩わしく感じたデータサイエンス学科2年の宮村京佑さん、稲荷太良さんが、検温・体調管理を手軽にできるアプリを開発した。同学部のメインコミュニケーションツールであるSlack内で完結できるようアプリ機能を活用している。

学生(ユーザー)は毎朝届く検温を促すメッセージに従い体温・体調情報を入力。入力された学生のヘルスデータはPDF化され「健康観察票」として、授業日に教員のslackへ自動送信(通知)される。事前に受講学生と教員を紐づけているため、教員側で改めて対象の学生を抽出する必要がなく、スムーズに確認することができる。今後も機能拡充のため、継続したアップデートを計画している。

関連URL

「cd ../」

武蔵野大学データサイエンス学部

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス