1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. キラメックス、「TechAcademyジュニア」を鹿嶋市内の小学校5校に導入

2020年10月23日

キラメックス、「TechAcademyジュニア」を鹿嶋市内の小学校5校に導入

キラメックスは22日、茨城県鹿嶋市と包括連携協定を結んでいる鹿島アントラーズFCの協力のもと、同社の小中高校生向け実践的プログラミングサービス「TechAcademyジュニア(テックアカデミージュニア)」を、同市内の小学校5校に導入すると発表した。

導入に伴い、「TechAcademyジュニア」の講師によるオンライン上での指導の元、生徒は授業内でキーボードの基礎的な操作や、コマンドの入力を駆使しながらプログラミングの基本を学ぶ。

授業では、子どもたちに人気の「サンドボックス型」ものづくりゲーム「Minecraft(マインクラフト)」を活用。最終的には、同市が支援する鹿島アントラーズにちなんだ平面作品、立体作品づくりに挑戦する。

「サンドボックス型」は、ゲームの進行に関わるタスクやクエスト類が存在せず、プレイヤーが自分なりに目的や目標を決めて遊んでいくゲームデザインのこと。

今回の取り組みの対象は、鹿嶋市立の豊津小、波野小、大同西小、中野西小、三笠小の4〜6年生。期間は10月22日〜2021年1月下旬。

「TechAcademyジュニア」は、 全国の学習塾・教育者を対象にした小中高校生向け実践的プログラミングサービス。

独自で開発した学習システムは、基礎から実践までステップアップ式のカリキュラムとなっており、生徒が1つの画面で迷うことなく学習を進めることができる。

関連URL

TechAcademyジュニア

キラメックス

町全体でICT化を推進 福島県西会津中学校 すらら 活用事例のご紹介
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
自立学習型能力開発 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 導入事例をご紹介 速読解力講座 速読聴英語講座 簡単入力で資料請求
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • スタディサプリ これがICT教材のトータルパッケージ 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス