1. トップ
  2. 学校・団体
  3. TechAcademyジュニア、駒込中学と「EdTech補助金」活用した取組みを開始

2020年9月11日

TechAcademyジュニア、駒込中学と「EdTech補助金」活用した取組みを開始

小中高生向けプログラミング教室「TechAcademyジュニア(テックアカデミージュニア)」を運営するキラメックスは10日、駒込学園・駒込中学校(東京都文京区)とEdTech導入補助金を活用した取り組みを開始したと発表した。

具体的には、駒込中学でプログラミングの学習機会を提供するための新たな取り組みを実施。生徒は、TechAcademyジュニアでプログラミング言語「Scratch」を習得し、プログラミングの考え方を学ぶ。

そして、生徒自身がイメージする中学での過ごし方を形にするというオリジナル課題に挑戦。高校生になった自分を想像して、未来の自分へ向けたデジタルメッセージカードを作成する。対象は駒込中学1〜3年生のなかの希望者で、期間は8月〜10月。

駒込中学では、これまで放課後に同校のパソコン教室を活用し、希望する生徒だけにプログラミング教育の機会を提供していたが、より多くの生徒に学習機会を提供するための方法を模索した結果、今回の取り組みを開始することにした。

今後は、駒込中学だけでなく、付属高校の駒込高校でも同取り組みを実施する考え。また、取り組みの活動結果については、10月に報告の場を設ける予定。

「EdTech導入補助金」は、 EdTechソフトやITを活用した教育サービスを学校などに導入実証する事業者に、導入費用の一部を補助する制度。

TechAcademyジュニアでは、EdTech導入補助金の実証校・自治体を募集しており、学校や自治体が同社を通して申請し、補助金交付対象に選ばれた場合は、事業費などとして必要経費の一部が補助され、TechAcademyジュニアを導入・活用できるようになる。

関連URL

駒込中学校

「TechAcademyジュニア」

キラメックス

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス