1. トップ
  2. 学校・団体
  3. OCHABI、多忙な社会人向けに「最短デザインアートコース」を夜間に開講

2020年9月11日

OCHABI、多忙な社会人向けに「最短デザインアートコース」を夜間に開講

OCHABI Institute(服部学園)は10日、時間に制限のある忙しい社会人が受講できるように、最短パッケージの「デザインアートコース」を夜間に開講すると発表した。


同コースでは、既に受講生が身に付けている「知識」や「技能」はそのままに、「デザインアート思考」、「ロジカルデッサン」、「グラフィックスキル」といった新しい能力をプラスして身に付けていく。また、社会人だけでなく高校生、専門学生、大学生も受講できる。

「デザインアート思考」講座では、何かと「感覚的」と誤解されがちなクリエイターの思考プロセスを「論理的」に捉え直し、特定の企業の商品・サービス開発を通じて体得していく。

このロジカルシンキング(論理的思考)の能力は、例えば、企画書の作成やミーティング、プレゼンテーションなどあらゆるビジネスシーンでのキャリアアップに役立つ。

「ロジカルデッサン」講座は、ベストセラー本「(ロジカルデッサン)伝わる絵の描き方」の執筆者が、同書の内容に沿って、物・人・場所を描けるようにする講座。

大きくは、スタディとワークに別れており、スタディではレクチャーを中心に、ワークではスラスラ描くための実践練習を行う。

ロジカルデッサンの技法は、ラフスケッチやサムネイルといったアイディア出しの段階で行われる小さなスケッチや、絵を使ったプレゼン資料の作成に活かせる。

頭の中のアイディアやイメージを的確に伝えることで、コミュニケーション力が向上し、ビジネスに役立つ。この講座は、Zoomを使ったオンライン講座で、全国どこからでも受講できる。

また、「グラフィックスキル」講座は、「週末読みたい本」としても紹介されている話題の本「コンセプトが伝わるデザインのロジック」の執筆者が担当。コンセプトがターゲットに的確に伝わるように、マーケティングデータや企画を可視化するスキルを身に付ける。

扱うアプリケーションは2つ。「Adobe Photoshop」では、主に画像加工や画像合成を、「Adobe Illustrator」では、レイアウトや、グラフィック制作を行う。プロのデザイナーも使用するこれらのアプリケーションの基礎を身に付けることで、アイディアを自在に可視化して、他者に届けることができる。

関連URL

「デザインアートコース」

OCHABI

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス