1. トップ
  2. 先生サポート
  3. 岩手・一関市立中学の校長、ブラウザで使える授業支援ソフト「伝思黒板」開発

2020年11月2日

岩手・一関市立中学の校長、ブラウザで使える授業支援ソフト「伝思黒板」開発

岩手県一関市立花泉中学の奥田昌夫校長が、Webブラウザで利用できる授業支援ソフト「伝思黒板(でんしこくばん)」を開発した。

GIGAスクール構想で「児童生徒1人1台のコンピュータ」が実現されるが、「伝思黒板」はコンピュータ教室ではなく、普通教室の授業で活用できるソフトとして開発された。

「伝思黒板」は、「教師用ソフト(ホスト)」と「児童・生徒用ソフト(ゲスト)」があり、この2つを同時に使って授業を進めていく。

一斉指導における、教師からの発問や指示、児童生徒からの回答のやり取りに「児童生徒1人1台コンピュータ」を活用することで、全員が回答できる環境にすることができる。

さらに、選択回答で既習事項を確認できるほか、掲示板で意見を集めSNSで討論もできる。これら全てが記録として残されることで、評価にも活用でき、さらに、発問を再利用して別の学級でも使うことができる。

使い方は、まず、Webブラウザのアドレス欄にURLを入力して「伝思黒板」のページを表示して、授業する教師を登録。「学校名」「教師の氏名」「メールアドレス」を入力し、新規登録ボタンを押すと、教師用ID・パスワードが発行されるので必ずメモする。

次に、教師用ソフトを起動させる。教師用ID・パスワードでログインすれば「生徒用ID・パスワード」が表示される。

最後に、教師から示された「生徒用ID・パスワード」を入れて、児童・生徒用ソフトを起動させ、教師用ソフトから文字や画像を送ると児童・生徒用ソフトの画面に転送される。選択回答、意見集約もできるという。

問合せ(花泉中学・奥田校長)
E-mail:mvm43236@gmail.com

関連URL

「伝思黒板」

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
リモートワークで使うパソコンのセキュリティ対策は? できてない! バッチリです Yubi Plus
Classi 文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
jamf | NATION Tokyo 2021 2/2(火)から3/2(火)まで 参加費無料ウェビナーシリーズ リモートワーク ゼロトラスト リモート・オンボーディング 従業員選択制 遠隔授業 デバイス管理のすべてがここに
オンライン授業・学習支援システム ライセンス無料進呈 TeacherView

アーカイブ

  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • スタディサプリ 3校に1校が導入済みのICT教材って?
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス