1. トップ
  2. 先生サポート
  3. 岩手・一関市立中学の校長、ブラウザで使える授業支援ソフト「伝思黒板」開発

2020年11月2日

岩手・一関市立中学の校長、ブラウザで使える授業支援ソフト「伝思黒板」開発

岩手県一関市立花泉中学の奥田昌夫校長が、Webブラウザで利用できる授業支援ソフト「伝思黒板(でんしこくばん)」を開発した。

GIGAスクール構想で「児童生徒1人1台のコンピュータ」が実現されるが、「伝思黒板」はコンピュータ教室ではなく、普通教室の授業で活用できるソフトとして開発された。

「伝思黒板」は、「教師用ソフト(ホスト)」と「児童・生徒用ソフト(ゲスト)」があり、この2つを同時に使って授業を進めていく。

一斉指導における、教師からの発問や指示、児童生徒からの回答のやり取りに「児童生徒1人1台コンピュータ」を活用することで、全員が回答できる環境にすることができる。

さらに、選択回答で既習事項を確認できるほか、掲示板で意見を集めSNSで討論もできる。これら全てが記録として残されることで、評価にも活用でき、さらに、発問を再利用して別の学級でも使うことができる。

使い方は、まず、Webブラウザのアドレス欄にURLを入力して「伝思黒板」のページを表示して、授業する教師を登録。「学校名」「教師の氏名」「メールアドレス」を入力し、新規登録ボタンを押すと、教師用ID・パスワードが発行されるので必ずメモする。

次に、教師用ソフトを起動させる。教師用ID・パスワードでログインすれば「生徒用ID・パスワード」が表示される。

最後に、教師から示された「生徒用ID・パスワード」を入れて、児童・生徒用ソフトを起動させ、教師用ソフトから文字や画像を送ると児童・生徒用ソフトの画面に転送される。選択回答、意見集約もできるという。

問合せ(花泉中学・奥田校長)
E-mail:mvm43236@gmail.com

関連URL

「伝思黒板」

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス