1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 青山学院大、プログラミングコンテスト「さがみはらエコ・プロちゃれんじ」企画運営

2020年11月2日

青山学院大、プログラミングコンテスト「さがみはらエコ・プロちゃれんじ」企画運営

青山学院大学社会情報学部は10月29日、相模原市内在住・在学の小・中学生を対象としたプログラミングコンテスト「さがみはらエコ・プロちゃれんじ」を企画・運営すると発表した。

「さがみはらエコ・プロちゃれんじ」は、コロナ禍における新しい生活様式に対応した新たな環境教育の手法として、全国でも先進的な取り組みを行っている相模原市のプログラミング教育を活用して実施する、環境をテーマとしたプログラミングコンテスト。持続可能な(SDGs)社会、未来の環境を担う小・中学生世代に、応募作品を作る過程で自分や周囲の行動を変える機会を持ってもらうことを期待し、地元企業であるノジマ他、多数の企業、産官学が連携する。

さがみはらエコ・プロちゃれんじ概要

募集期間:2021年1月17日(日)まで
最終審査会&表彰式:2021年2月下旬(オンラインで実施予定)
対象者:相模原市内在住・在学の小・中学生
主な内容:
プログラミング言語「スクラッチ」を用いた、環境をテーマとした作品を募集。
※プログラム作品の形式は問わない。(アニメーション、ゲーム、クイズ、マイクロビットなどの外部機器との連携、環境問題の解決に向けた作品など)
その他:
審査委員会で選定された優秀作品については、表彰状と副賞を授与。
コンテストへの応募促進のため、環境及びプログラミングに関する学習支援の機会を提供。
詳細 

関連URL

青山学院大学

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介 Classi
自立学習型能力開発 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 導入事例をご紹介 速読解力講座 速読聴英語講座 簡単入力で資料請求
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
時間と距離の課題をICTでクリア 島しょ部の生徒たちに刺激と交流の機会を マイナビニュース PR:シスコシステムズ
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • スタディサプリ 3校に1校が導入済みのICT教材って? 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス