1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 青山学院大、プログラミングコンテスト「さがみはらエコ・プロちゃれんじ」企画運営

2020年11月2日

青山学院大、プログラミングコンテスト「さがみはらエコ・プロちゃれんじ」企画運営

青山学院大学社会情報学部は10月29日、相模原市内在住・在学の小・中学生を対象としたプログラミングコンテスト「さがみはらエコ・プロちゃれんじ」を企画・運営すると発表した。

「さがみはらエコ・プロちゃれんじ」は、コロナ禍における新しい生活様式に対応した新たな環境教育の手法として、全国でも先進的な取り組みを行っている相模原市のプログラミング教育を活用して実施する、環境をテーマとしたプログラミングコンテスト。持続可能な(SDGs)社会、未来の環境を担う小・中学生世代に、応募作品を作る過程で自分や周囲の行動を変える機会を持ってもらうことを期待し、地元企業であるノジマ他、多数の企業、産官学が連携する。

さがみはらエコ・プロちゃれんじ概要

募集期間:2021年1月17日(日)まで
最終審査会&表彰式:2021年2月下旬(オンラインで実施予定)
対象者:相模原市内在住・在学の小・中学生
主な内容:
プログラミング言語「スクラッチ」を用いた、環境をテーマとした作品を募集。
※プログラム作品の形式は問わない。(アニメーション、ゲーム、クイズ、マイクロビットなどの外部機器との連携、環境問題の解決に向けた作品など)
その他:
審査委員会で選定された優秀作品については、表彰状と副賞を授与。
コンテストへの応募促進のため、環境及びプログラミングに関する学習支援の機会を提供。
詳細 

関連URL

青山学院大学

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
校務用PCの文科省セキュリティガイドラインへの準拠は済んだ? ガイドライン? もちろん! Yubi Plus
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
jamf | NATION Tokyo 2021 2/2(火)から3/2(火)まで 参加費無料ウェビナーシリーズ リモートワーク ゼロトラスト リモート・オンボーディング 従業員選択制 遠隔授業 デバイス管理のすべてがここに
オンライン授業・学習支援システム ライセンス無料進呈 TeacherView

アーカイブ

  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • スタディサプリ ICT教育モデル校が積極導入!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス