1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 東大発AIベンチャー、「次世代ロボティクス・バイオニクス研究所」を設立

2020年11月11日

東大発AIベンチャー、「次世代ロボティクス・バイオニクス研究所」を設立

東大発AIベンチャーのTRUST SMITH(トラストスミス)は10日、社会のニーズに答える最先端ロボティクス技術を社会へ実装し還元することを目指す関連会社「次世代ロボティクス・バイオニクス研究所」(増岡研究所:INGRaB)を設立したと発表した。

同研究所は、最先端のAI・ロボティクスの技術を活用したソリューション提供を行うTRUST SMITHグループ傘下の研究機関として、メカトロ二クス分野を中心とした技術の創出とその実用化に注力していく。

具体的には、最先端の技術を使った製品で、①人件費削減と労働力不足の解消、②データの蓄積と消費エネルギーの最適化、③作業のミス・災害の防止の実現を目指す。

同研究所では、研究開発した技術を利用して、TRUST SMITHへ様々な製品を提供している。研究開発した主な商品をみると、まずは、センサーで障害物を自動で検知し、衝突を回避しながら目的物まで到達する「アームロボット」。

最先端の3次元オブジェクト認識の技術を用いて目的物を分別し、ピックアップ作業までを一貫して行うことができる。東京大学理学部物理学科出身、京都大学基礎物理学研究所 高柳研究室在籍の研究者が開発した。

また、「ラベル認識」は、ダンボールに貼られたラベルの数字を自動で読み取る装置。従来は手作業で行う必要があった単純作業を、人間に代わり、この装置が高い精度でスピーディに行う。

さらに、自律走行機能を備えた「自動運転トラック」は、工場敷地内である倉庫から別の倉庫へ大量の製品を運搬するという工程を、無人で何往復でもこなすことができる。

関連URL

「次世代ロボティクス・バイオニクス研究所」

TRUST SMITH

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス